【これで解決!】上京で引っ越し!住民票を移すにはいつ何が必要?

春からいよいよ進学就職で上京。

ずっと実家暮らしだったから、一人暮らしは初めてだし、分からないことだらけ・・・

引っ越したら住民票を移さないといけないってことは知っているけど、
実際にいつ、何をすれば良いのか全くわからない・・・
これまで役所の手続きはすべて親任せだったし、なんだか難しそう・・・

こんなお悩みを抱えている方、
実は住民票の移動の手続きはとってもカンタンです!!
手続きの流れやポイントを紹介していきます♪

スポンサーリンク

どうして住民票を移さないといけないの?

引っ越したときに住民票を異動することは義務で、引っ越しを行った日から14日以内に手続きを行わなければならないと法律で定められています。

地域のサービスを受けるため、国民健康保険、国民年金、選挙人名簿への登録などにつながる大切な手続きですので必ず忘れないようにしましょう。

引っ越しの日から14日以内に行わなかった場合、「住民基本台帳法」違反とみなされ5万円以下の罰金を支払わなければならないケースもありますのでご注意を。

ただし、必ず罰則が適用されるわけではなく、実際に罰せられた例としては

  • 税金を安くするため
  • 住んでいない地方自治体の長や議員に投票するため
  • 犯罪目的

など、悪質な意図があった場合がほとんどのようです。

私の場合、ついつい面倒なことを後回しにしてしまうことが多いため、
引っ越しから14日を過ぎたあとに異動の手続きを行ったことがあります。
その時は何の問題もなく手続きができ、役所の方からも「次から気を付けてね」と言われるくらいでなんとか済みました・・・

とはいっても、市区町村によっては厳しいところもあるようですので、期限は守るようにしましょう。

実は移さなくて良いケースも

以下のような場合、住民表を移す必要はないようなので要チェックです。

・新しい住所に住むのが1年以下
・生活の拠点が前の住所にある(定期的に帰っている)

学生の場合だと、卒業したあとに実家に戻るつもりがあるのか否か?で判断できます。
「実家に必ず戻ります!」という場合は移さなくても良いでしょう。

社会人の場合だと、単身赴任の方は定期的に実家に帰ることも多いと思うので、その場合は移さなくても良いケースに当てはまります。

人によって状況は様々ですので、移すべきかどうか迷ったら、役所に相談してみるのが良いですね。

また、社会人の場合は、会社で何らかの手続きや書類提示を求められた際には、住民票を置いている場所でないと対応できないことも多くあります。

なので、特に社会人の方は移しておいた方が後々になって楽だったということもあります。

次に、住民票を移さない場合のデメリットも確認しておきましょう。

住民票を移さない場合のデメリット

  • 免許証の更新が以前の住所じゃないとできない(更新通知は住民票の住所に届く)
  • 新住所での選挙権がない
  • 住民票や所得証明などの証明書の発行ができない
  • 公共施設の利用ができない可能性がある
  • 福祉サービスが受けられない可能性がある
スポンサーリンク

住民票変更に必要な手続きとタイミングは?

住民票を移す手続きはごく簡単で、

①転出をする
②転入をする

のたった2ステップです。

①転出をする
(転出前に)今すんでいる役場で「転出届」を提出し、「転出証明書」を受けとる
②転入をする
(転出した日から14日以内に)引っ越し先の役場で「転出証明書」と「転入届」を提出する

住民票を移動するときに必要なもの3つ

最低限必要なのは、次の3つです。

✔本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
✔印鑑
✔マイナンバーカード

国民健康保険、国民年金に加入している方は、新たに加入の手続きを行う必要がありますので、保険証年金手帳を持参しましょう。

平日役所に行けないときの対処法

  • 代理人による転出・転入の手続き
    本人が対応できない場合、手続きを代理人に委任することができます。代理人は委任状の提出や本人確認書類と印鑑が必要になります。
  • 郵送で転出届を取り寄せる
    忙しくてどうしても役所へ足を運ぶことができずに、転出届を出さないまま引っ越してしまった、という場合は、郵送で転出届を提出できます。郵送用の転出届は各自治体のウェブサイトからダウンロードできます。送付先や必要なものなども自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

役所以外で住所変更手続きが必要なこと8つ

変更したら、次の住所変更も合わせて行うと良いですね。

  1. 運転免許証の住所変更
  2. 自動車・バイク登録変更
  3. 郵便物の転送届
  4. 口座を開いている銀行の住所変更
  5. クレジットカード会社の住所変更
  6. 保険会社の住所変更
  7. 携帯会社の住所変更
  8. その他ショッピングサイトなどの住所変更

まとめ

住民票を異動することは全然難しいことではありません!!
ぜひこの記事を参考にして、役所へ行って実際に手続きをしてみましょう♪

また、引っ越しシーズンの3月に入ってくると、役所はとっても混みます。
私も2時間以上待ったこともありました・・・‼

自治体によっては、混雑予想やリアルタイムの混雑状況をWEB上で公表しているところもあるようです。
ただでさえ忙しい時期に、そんなに時間を取られてしまっては困りますよね。

混雑予想を確認する、朝一に行くなど空いている日時を見計らって行くのもひとつの手かと思います。

スムーズにお引っ越しして、新しい新生活を始めましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です