東京に住むには貯金が最低いくら必要?低予算で上京する裏技とは?!

はらこ
東京に住みたいなぁ・・・♥
貯金しなくっちゃ‼
でもどのくらい貯めればいいんだろう??
こんなふうに悩んでいるあなた‼
上京したいけれど、お金のことを考えて、躊躇してしまってませんか??

東京に住むのはお金がかかるイメージがありますよね。
実際にはどのくらいの貯金が必用なのでしょうか??
今回は、東京に住むためには貯金が最低でもいくら必要なのか、解説したいと思います。

るい先生
金銭面の不安をなくし、あなたの上京を叶えましょう‼
スポンサーリンク

上京するために、貯金は最低いくら必要??

東京に住むにはどんなお金がいくら必要なのか細かく内訳をみてみましょう。

①家を借りる初期費用=28万円


実はこの初期費用がけっこうかかっちゃうんです。
住む場所にもよりますが、例として家賃6万円とします。

敷金(家賃1ヶ月分) 6万円
礼金(家賃1ヶ月分) 6万円
仲介手数料
(家賃1ヶ月分)
6万円
家賃前払い
(家賃1ヶ月分)
6万円
火災保険 2万円
鍵交換 2万円
合計 28万円

家を借りるだけで約30万円も(ノ゚Д゚)ノ

駅から遠いところだったり、築年数が古かったり、住むところによっては家賃をもう少し抑えることはできます。

②家電・家具代=12万5000円


家だけではなく、生活していくための家電や家具が必要です。

冷蔵庫 2万5000円
電子レンジ 1万円
炊飯器 5000円
掃除機 5000円
洗濯機 3万円
テレビ 2万5000円
ベッド 1万円
テーブル 1万円
カーテン 5000円
合計 12万5000円

全部を新品で揃えるとこのくらいはかかかります。

③細かい生活費必需品=1万5000円

  • 生活用品(トイレットペーパー・ティッシュペーパー、ゴミ袋など)
  • キッチン用品(包丁、まな板、フライパン、食器など)
  • 消耗品(シャンプー、洗剤、歯みがき粉など)
  • その他(タオル、ハンガーなど)

生活していく上で必要な細かいものたちを合わせるとだいたい1万5000円くらいかかります。

④生活費=13万円


給料日までは貯金で生活していかけれらならないので、生活費のことも事前に考えなくてはいけません。

家賃 6万円
食費 3万円
光熱費 1万円
通信費 7000円
交際費 2万円
消耗品 3000円
合計 13万円

仕事が決まっている場合は1ヶ月分あれば大丈夫。
仕事が決まっていない場合は、仕事が決まるまでの期間を考えて3ヶ月分(13万円×3ヶ月=49万円)あると安心です。

必要な貯金は??

上記の①28万+②12万5000円+③1万5000円+④13万=55万円。
上京するためには、貯金は最低55万円は必要ということです。

仕事が決まってない場合は91万円。
多いと思うかもしれませんが、仕事が決まるまでのことを考えておかないと、途中でお金が底をつきたら大変です(>_<)

今回のこの数字は、毎日3食納豆ご飯のみというような、超節約生活を送らなくても大丈夫な、普通の生活水準で、安心して暮らせるという点を考慮しての数字です。

❇上京資金をどうやって貯めようか悩んでいる人はこちら

上京資金がない!できるだけ早く貯める4つの方法と節約術を伝授!

2019年2月25日

東京に住む費用を抑えるためには・・・??

「東京に住むにはそんなにお金がかかるんだ」
「やっぱり上京は無理かな」
そんなふうに思ったあなた‼

諦めるのはまだ早いですよ。
そんなあなたにおすすめしたいサービスがあるんです。

東京ダイブを利用しよう‼


出典 東京ダイブ

上京するときの費用を抑えたいなら、東京ダイブを利用することがおすすめです‼

❇東京ダイブについて、詳しくはこちらの記事を読んでみてください(^^)

『東京ダイブ』を徹底解説!評判や口コミ、 メリット、デメリットは?

2019年2月21日
東京ダイブとは??
簡単に説明すると、上京したい人のために、仕事と住まいを同時にサポートしてくれるサービスです。
東京ダイブを利用すると上京の初期費用を抑えることができます。

例えば・・・

  • 住まいサポートで東京タイブシェアハウスを選択した場合
    敷金・礼金・仲介手数料が無料。
    家賃も無料で、公益費1万円のみかかります。
    家電・家具付きなのて、その費用もいりません。
  • 住まいサポートでシェアハウスを選択した場合
    敷金・礼金・仲介手数料が無料。
    家電・家具付きなので、その費用もいりません。

つまり、東京ダイブを利用すると、1ヶ月分の生活費さえあれば、上京することができちゃいます‼
10万円程度の貯金で、夢の東京暮らしが実現できるんです。

ワンルーム賃貸を選択した場合でも、仲介手数料が半額となり、少しお得になります。
住まいと同時に自分に合った仕事も探してくれるので、地方方出身者にとっては本当にありがたいサービスですよね。

はらこ
東京ダイブを利用すると貯金がないわたしでも上京できそうな気がしてきた♪
10万円程度なら貯めれそう‼
スポンサーリンク

上京するとき貯金はいくら必要??みんなのエピソードを紹介‼

30万くらいはあった方がいいと思います。
アパート契約金は10万くらいで探す。
部屋・立地にこだわってはいけません。
郊外で探します。
すぐに働きます。
給料日まで20万あればもう心配ないです。
そして思ったより稼げるようになり、家賃も安いのでお金もたまってきます。
そしたら郊外から都心寄りに引っ越します。
そうして自分は都内3カ所に住みました。
それぞれの駅・場所に思い出が出来ます。
(Yahoo知恵袋より)

はらこ
賃貸の初期費用が10万くらいで抑えられると、30万でいけそう‼
引っ越ししてお金が…というよりも最初から高い家賃を払うのは確かに勿体ないかも‼


はらこ
20万で何も決まってない状態での上京でも成功した人もいるんだね‼
やろうと思えばやれるんだ‼

Twitterではこんな驚きの調査結果が‼


るい先生
この結果には正直驚きです(笑)
「なんとしてでも上京する‼」という強い意思のある人はやりとげれるのかもしれませんね。

まとめ

安心して東京で暮らすために必要な貯金は最低でも55万円です。

その内訳としては

家を借りる初期費用 28万円
家具・家電代 12万5000円
細かい生活必需品 1万5000円
1ヶ月分の生活費 13万円

となっています。
55万円あれば、安心して上京できるでしょう。

「もっと低予算で東京に住みたい」
そんなあなたは、東京ダイブを利用してシェアハウスに住むと、初期費用無料、家電や家具もいりません。
1ヶ月分の生活費10万円程度の貯金で、東京に住むことができます。

貯金がないからと、東京に住むことを諦めかけていたあなたも、10万円くらいならお金を貯めれませんか??
やろうと思えばやれちゃいます‼
まずは挑戦してみましょ‼

コツコツ貯金を頑張れば、10万円ならすぐに貯まりますよ。
金銭面がネックで上京を踏みとどまってしまっていた、あなたの背中を少しでも押すことができれば幸いです★

『東京ダイブ』を徹底解説!評判や口コミ、 メリット、デメリットは?

2019年2月21日

上京資金がない!できるだけ早く貯める4つの方法と節約術を伝授!

2019年2月25日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です