仕事運を高めたいあなたに!!東京でおすすめの神社3選

人生の大半を占める仕事。

「はぁ…初めての会社不安だなぁ…」と思っている新社会人のそこのあなたも!!

「はぁ…最近仕事がうまくいってないなぁ…」思っているそこのあなたも!!

仕事運に効果絶大東京の神社パワーをわけてもらいに行ってみませんか??

忙しく過ぎていく毎日から少し解放され気分転換になることはもちろん、神社へ行き昔の日本の歴史に触れる事により、背筋も心も自然とピンとなり引き締まるものです。

少し自分の仕事運が下がっているのかも??と思ったり、
ここからが勝負どころなので、神社へ行って気を引き締めたい!!という人に、東京で仕事運に効果がある神社を3選ご紹介します!!とにかく強力です!!

道が開けること間違いなしなので、さっそくみていきましょう♪

スポンサーリンク

愛宕神社

愛宕(あたこ)神社とは

東京都港区にあるこの愛宕神社

火産霊命(ほむすびのみこと)主祭神として祀る、火伏せに霊験のある神社です。
慶長8年(1603年)、徳川家康公の命により防火の神様として祀られ、自然の地形としては23区の中でも標高が一番高い愛宕山の山頂に建てられました。

【主祭神】
火産霊命(ほむすびのみこと)《火の神》

【配祀】
罔象女命(みずはのめのみこと)《水の神》
大山祇命(おおやまづみのみこと)《山の神》
日本武尊(やまとたけるのみこと)《武徳の神》

将軍地蔵菩薩(しょうぐんじぞうぼさつ)
普賢大菩薩(ふげんだいぼさつ)

【境内末社】
太郎坊神社
福寿稲荷神社
弁財天舎
恵比寿大黒社

境内地1750坪

なんと、愛宕山面積は6000坪ほどあります。

【御利益】

  • 火に関するもの。防火、防災
  • 印刷、コンピュータ関係
  • 商売繁昌
  • 縁結び。恋愛、結婚
るい先生

通常、神社では複数の神を祀っています。
その中で主として祀られる神を主神(しゅしん)主祭神(しゅさいじん)
それ以外の神を配神(はいしん)・配祀神(はいししん)・相殿神(あいどのしん)などというよ。

仕事運で有名な【出世の石段】(男坂)

さて、別名出世の石段】と呼ばれているこの『男坂』
仕事運アップ・出世運アップのご利益があると、かなり有名なのです。

この石段は、傾斜角度約37度、86段とかなり急な階段となっています。

時は遡り寛永11年(1634年)前、江戸三代将軍の徳川家光公愛宕山満開の梅を目にし、

「誰か馬に乗ったまま梅の実を取ってまいれ」

という、これまた相当無茶ブリな事を家来に命じたそう。

いやいや、こんな急な階段、馬に乗って上れる登れるわけがない!!と、家来達は怖がりなかなか身動き出来ずにいました。

 

そりゃあそうですよ!!写真でも見ての通り、かなりの傾斜です!!現代ならパワハラで訴えられてますよ徳川さん!!(笑)

ところが、馬に乗ってパッカパッカと石段を上り始めた人物がいたのです。

その人物が、四国丸亀藩の家臣曲垣平九郎(まがき へいくろうという者でした!!

平九郎すげー((((;゜Д゜)))

家光公は、
『この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである!!』
平九郎を称賛し、【日本一の馬術の名人】と讃えられ、その名を全国に轟かせたと伝えられています。

そして平九郎の一件以来、男坂『出世の石段』と呼ばれるようになりました。
『出世の石段』を登ると言われる由縁です。

東京のパワースポットの中でもかなり御利益があるといわれているこの『出世の石段』

仕事に関して思う事がある人は是非登って、神様からのパワーをお裾分けしてもらいましょう!!

  • 自分の希望していた部署に異動できた!!
  • 試験に合格し、昇給して収入アップした!!
  • 昇格した!!

などなど、嬉しい報告も多数あります!!

石段を登りきると『一の鳥居』が見え、ここから境内へと入っていけるので、お礼の気持ちを込めて、こちらもしっかり参拝しましょうね。
神様が見てますよ~!!

スポット詳細
所在地:東京都港区愛宕1-5-3
アクセス:日比谷線「神谷町駅」徒歩5分、
銀座線「虎ノ門駅」徒歩8分
営業時間:参拝自由 ※授与所9:00~17:00
定休日:無休/料金:入場無料
公式サイト→http://www.atago-jinja.com/

神田明神

神田明神とは

東京都千代田区にあるこの神田明神。
商売繁盛にご利益があるととても有名で、お正月には多くの会社が企業単位でお参りに訪れるほどです。

JR秋葉原駅から徒歩約7分のところにあります。

なんと、江戸東京に鎮座して1300年という長い歴史をもちます。
江戸時代には、【江戸総鎮守】として将軍から江戸庶民にいたるまで、江戸のすべてを守護されました

社伝によると、時は遡り天平2年(730年)、武蔵国豊島郡芝崎村に入植した出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのが始まりです

承平5年(935年)平将門の乱を起こして敗死した平将門の首が京から持ち去られて、この神田神社の近くに葬られたといいます。
その後、嘉元年間に疫病が大流行!!これが将門の祟りぞといわれました。
そこで将門の供養が行われ、延慶2年(1309年)神田明神の相殿神とされました。

現代では、この神田神社とアニメとのコラボした絵馬お守りなどのグッズ販売されていたり、「アニメの聖地」としても有名です。

歴史ある神社でありながらも、秋葉原というアニメタウンにもしっかり特化していて、歴史に触れられる反面、現代ならではの楽しみ方も出来るという、非常に珍しく柔軟性のある神社です。

また、【江戸三大祭】のひとつでもある【神田祭】をおこなう神社としても、とても有名ですね。

【御祭神】

大己貴命(おおなむちのみこと)
(一の宮・だいこく様)
少彦名命(すくなひこなのみこと)

(二の宮・えびす様)
平将門命(たいらのまさかどのみこと)

(三の宮・まさかど様)

【ご利益】

  • 縁結び
  • 商売繁盛
  • 知恵
  • 健康運アップ
  • 開運
  • 招福
  • 勝負運
  • 厄除け

商売繁盛のご利益がある【えびす様

神田神社ではたくさんのご利益があります。
中でも、神田神社に訪れた際には必ず足を運ぶ!!という人がたくさん居る、このえびす様こと、少彦名命(すくなひこなのみこと)です。

このえびす様は、大己貴命(だいこく様)と共に国造りを行った神様です。

国造りの過程で、農業技術医薬酒造りを伝え、玉造温泉道後温泉箱根温泉発見されたという説もあります。
えびす様、すごすぎます!!人間というものを越えていますよね!!神様と称されて当然です。

幅広い仕事面でご活躍・ご伝授されてきたことから、医薬の神農耕の神温泉の神酒造りの神であり、【商売運】【知恵】【健康運】アップのご利益があるといわれています。

えびす様一寸法師の原型とも言われていますので、小さく鎮座している珍しい像となっています。


かわいい!!

大きな波の中に、魚や亀、イルカなどたくさんの海の生き物に守られ、木の実の船に乗って波間に来臨する可憐な姿の像です。

ぜひ、神田神社を訪れてえびす様からご利益をわけてもらいましょう!!

勝負運なら!!【まさかど様

仕事運の中でも、プレゼンを成功させたい!!や、今月の売上が勝負だ!!など、決して勝ち負けではないけれど、「勝負」という言葉で置き換えて挑む場面がたくさんありますよね!!

さきほどご紹介した、えびす様と一緒に見ていただきたいのがこのまさかど様です!!

前章でもご紹介した通り、この神社のきっかけとなった神様ですね。
で藤原に討たれ、まさかど様の首を持ち出され神田神社に葬られたと、冒頭てご紹介しましたが、実はその時の首は執念により東京まで飛んで帰ってきたという説もあります。背景が背景なだけに、ちょっとゾッとしてしまいますね!!

そんなお方だからこそ、強力なパワーといわれているのも、わかりますよね。

まさかど様に祈願すると勝負に勝つといわれており、愛宕神社を創建した徳川家康公も、関ケ原の戦いの前に先勝を祈願し、勝利したと言われています!!

「勝運」・「厄除け」のご利益があるので、えびす様と合わせて是非足を運んでみてください。

えびす様まさかど様についてご紹介しましたが、神田神社他にもたくさんのパワースポットや、ご利益をもらえる所があるので、隅々まで堪能してくださいね!!

パワーがみなぎること間違いなしです!!

ここでちょっと注意!!
神田明神には、一緒に参拝してはいけないタブーがあります。それは成田山です。神田明神成田山には知られざる因縁があり、永年、対立関係にあると言われています。
スポット詳細
所在地:東京都千代田区外神田2-16-2
アクセス:御茶ノ水駅より徒歩5分
秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
営業時間:参拝自由 ※授与所9:00~16:00(30)
定休日:無休/料金:境内自由(資料館は300円)
公式サイト→https://www.kandamyoujin.or.jp/sp/
スポンサーリンク

日枝神社

日枝神社とは

赤坂にある『日枝神社』約800年前に創建された格式のある神社です。

婚活パワースポットとしてもとても有名で、知る人ぞ知る!!といった感じです!!参拝した人が、良縁に恵まれめでたく結婚した!!というお話が耐えないらしいですよ♪

ちょっと(いやかなり…)独身女の筆者にとって興味がありますが、今回は仕事運を高めるということで、それはちょっと置いといて、婚活パワースポットに負けないくらいの仕事運・出世運のパワースポットなのです!!

日本の政治経済の中枢を譲るとても強いパワーを持ち、政財界から絶大な崇敬を受けています。
とんでもなくすごそうですね((((;゜Д゜)))

高い格式を持つ神社で、江戸時代には徳川将軍家御用達氏神・江戸城の鎮守として徳川家から大切にされてきました。

元は太田道灌(おおたどうかん/室町時代後期の武将 )江戸城を築くにあたり、江戸城裏鬼門(南西)封じのために、実は川越にあった山王社を勧請したのが始まです。
ちなみに対をなす鬼門(北東)に位置しているのは、先ほどもご紹介した神田明神なのです。

鬼門・裏鬼門封じの徹底ぶりがうかがえますね。

以降は皇居の鎮守で、変わらず日本の中枢・皇城守護しています。

また、江戸【三大祭】の一つでもあります。
神田神社『神田祭』(こちらも先ほどご紹介しましたね)、浅草寺『三社祭』、そしてこちら日枝神社『山王祭』は、江戸城鬼門と裏鬼門を浄める意味づけがあったそうですよ。
そしてそして!!『山王祭』【 日本三大祭 】一つでもあります!!

【主祭神】

大山咋神(おほやまくひのかみ

【相殿神】

国常立神(くにのとこたちのかみ
伊弉冉神(いざなみのかみ
足仲彦尊(たらしなかつひこのかみ)

【御利益】

  • 商売繁盛
  • 出世運アップ
  • 縁結び
  • 恋愛成就
  • 安産
  • 子育て
るい先生

相殿(合殿)とは、主神を含めて複数の神が祀られた社殿のことを指すよ。

まずはご祭神に礼を【拝殿・本殿】

【拝殿・本殿】は、仕事運・出世運アップのパワースポットです。

まずはご祭神礼を尽くしたご参拝をしましょう。
ご祭神大山咋神(おほやまくひのかみ)は、農耕・産業の神
名前の「くい(くひ)」のことで、大山に杭を打つ神、すなわち大きな山の所有者の神を意味しています。
山の地主神であり、物事の基礎や要を司る神様であります。

比叡山(ひえいざん)山神「山王様」とも呼ばれます。比叡山の日吉大社、京都葛野の松尾大社ご祭神です。
農耕を司る神でもあり酒造の神でもあります。

日々の感謝・「お世話になります」まずはご挨拶をしましょう。

とにかく強力!!末社【猿田彦神社・山王稲荷神社】


さて!!大山咋神様に、お礼を尽くしたご参拝を終えたら、日枝神社一番の仕事運・道ひらきの強力パワースポット!!猿田彦神社・山王稲荷神社へ足を運びましょう。

拝殿右手の小門を出た所にあり、左に猿田彦神社右に山王稲荷神社が並列に並びます。
末社でありながら、格式高いパワーがあります。とにかく強力です!!

猿田彦神社
猿田彦神(さるたひこのかみ)
道ひらき・先導の神様です。
進む道を迷っている時や、インスピレーションを得たい時などに訪れるとよい場所です。
事業を大きくしたい・世界に通じて大きく活躍していきたいという人は、必ず訪れ参拝しましょう。

山王稲荷神社
日枝神社の遷座以前からこの地に祀られていた日枝神社の地主神です。

必ず本殿を参拝されたあとは、猿田彦神社と合わせてきちんと参拝することが、神社で開運の一つのポイントです。
また、こちらの神様厳格で、私利私欲を非常に嫌う事で有名です。
お願いごとをするのではなく、日頃の感謝をお伝えすることに徹しましょう

スポット詳細
所在地:東京都千代田区永田町2-10-5
アクセス:南北線・銀座線「溜池山王駅」出口7
千代田線「国会議事堂前駅」出口5
銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」出口11
営業時間:4月~9月 05:00~18:00
10月~3月 06:00~17:00
※授与所は8:30~17:00
料金:参拝無料
公式サイト→https://www.hiejinja.net/

まとめ

東京特に強力といわれている神社3社に絞ってご紹介いたしました!!

訪れた方のTwitterなどを拝見すると、参拝した次の日からお仕事に良い影響を与えてくれた!!と、嬉しい感想が多く見受けられました。

年の初めに、今年一年頑張るぞ!!という思いでご挨拶として参拝しても良いですし、
なんとなく運気が停滞している気がする…と感じた時に足を運んでみるのも良いですし、タイミングは人それぞれで良いと思います♪

しかし、前章でも記載しましたが、厳格な神様であっても、そうではない神様であっても「大金を掴めますように!!」や、「お願い神様!!」などといった欲をお願いするのではなく今自分が健やかに生きていれる事・自分を取り巻く全ての事に対しての感謝の気持ちをお伝えする事が、何よりも大切です。

  1. 愛宕神社
  2. 神田明神
  3. 日枝神社

日々の感謝の気持ちを忘れずに、あなたも訪れてみてはいかがでしょうか♪

是非こちらも合わせてお読みください♪

【厳選】東京の金運最強パワースポットを8つ紹介!穴場はどこ?

スポンサーリンク