転職を考えている人必見‼︎志望動機の書き方のコツと例文をご紹介!

転職をすることはとても不安が大きいですよね…。 転職していいことあるのかな。 採用されるのかな。などなど…

そんな不安なあなた!転職のコツを掴めば新たな一歩を踏み出す勇気が出るかもしれません!

今回は、多くの方がつまづきやすい「転職の志望動機の書き方のコツ」をご紹介します!

スポンサーリンク

目次

志望動機を書くにあたって

まず、転職先の会社を決めて最初に行うこと。  それは履歴書作成です! 履歴書の中で1番悩むのが志望動機ですよね? 私もココで1番頭を抱えました(笑)

  1. どう書いたらいいのか、どう自分を会社に売り込むのか…

志望動機の書き方•コツ

まず何から始めたらいいのか…

どんなことを伝えたいのかを、まずは書き出してみると書き始めやすいかもしれません! 志望動機の欄は特に書き方が指定されていないので、自分の言葉で書くことができます。

自分の言葉で企業へアピール出来る大事なところです‼︎

採用担当者がみているポイントは、

  • なぜ他社ではなく自社なのか
  • 自社の強みを理解しているのか

を、見ているところが多いそう。

自分が採用担当者だったら、他社ではなくなぜ自社を選んだのかは1番気になる部分です!  他じゃなくココがいいんだ!という気持ちをぶつけなきゃいけませんね!

自分が採用担当者だったら、何を聞きたいかな…? と想像して志望動機を書くのもアリかもしれませんね♪

その企業の強みなどを把握して、他社じゃなくココだからこそ入社したい!という意欲を感じるような内容になっているかがポイント。

  • 「貴社の社風に惹かれたため」
  • 「貴社のような企業で活躍したい」

などの曖昧な表現ではなく自己PRを加え、その企業で貢献できる!ということを具体的に書くことが大切です!

履歴書で何より大切なのは…

履歴書で1番大切なのは「第1印象」です!

まず採用担当者がパッと見て

欄がしっかりと埋められている履歴書と、空欄が目立つ履歴書

どちらの第1印象が良いですか?

もちろん前者のしっかりと埋められている方が印象は良いと思います!  空欄が多いと内容が薄いのではないか?と感じさせてしまう可能性も。

なので出来るだけ空欄は無いように書きたいですね。

志望動機での注意点!

履歴書や志望動機を書くために、マニュアル本やネットで調べたりする人は少ないと思います。

それらに書いてある例文をそのまま流用したりしていませんか?

実はこれが失敗の元になってしまうことも。

そのまま流用して根拠が薄い例文通りに書いてしまい、いざ面接で回答で困ってしまえばかえって悪い印象を与えてしまう結果になってしまうこともあるので、注意が必要です!

面接で話すということも頭に入れて書き進めていかなくてはなりませんね!

上でも書いたように、自分の言葉で書いた方が頭に残りやすく、面接でも話しやすいと私は思います♪

転職によるメリット・デメリット

まず転職で1番気になるのがメリットデメリットだと思います。 その人によってメリットデメリットは違うと思いますが、特に多いと思われる収入のことと、人間関係について話していきます!

メリット

1番重要なのは収入のことですよね。生活していく上でなくてはならないもの。

これまでと基本的に同じ仕事内容で、外資系の会社に移っただけで年収が2.3倍に増えた!という話もあります!

会社を変えると、新しい知識や経験が飛躍的に増えて収入もアップするでしょう♪

 

そして、次に今の職場で人間関係に煩わしさがある方も少なくは無いと思います…。私もその経験があります。

  • 「上司と合わない」
  • 「同僚とギクシャクしてしまった」

など… の人間関係のトラブルがある方、転職で解消できます‼︎

転職をしてしまえば相性が良くない人と会わなくて済みますし、毎日気にすることもなくなるでしょう♪  ストレスが減りますね!(笑)

人間関係も環境もリスタートすることができます♪

私もアルバイトですが、転職のようにバイト先を変えたことがあります。

飲食店でのバイトだったのですが、そのバイト先での初日…

バイト自体初めてだったのでドキドキワクワクしながら出勤しました。 いざ仕事が始まり当たり前ですが分からないことだらけ。

先輩方に聞いてもちゃんと教えてくれる人はごく一部の人たちで、ミスをしたら怒られ、ちゃんと教わってないのになんで分からないの?と…

私はそんな環境に耐えられなくなって、ちゃんと教えてくれた人達には申し訳なかったですが、新しいところに変えることを決意しました!

そこが今何年もお世話になっているバイト先なのですが、前の職場とは全く違いました!

初日から優しく丁寧に指導してくれて、出来たら褒めてくれる。 そして給料もいい!(笑)

心の底から職場を変えて良かったなと思えました♪

なので、人間関係で転職を迷っている方がいれば私は転職をオススメします!

デメリット

収入がやはり減ってしまう、という可能性もあります。

その例として、引っ越し貧乏と言うように転職貧乏というのもあるそうです…

容易な転職は危険ということです! 転職貧乏になりやすい人の共通点とは

  1. 次の転職先を決めずに退職
  2. 転職経験が多い(5回以上)
  3. 転職にはっきりとしたビジョンがない

に当てはまる人は要注意です。

転職者を受け入れる企業としては、退職理由が1番重要なので、仕事に対する向上心やビジョンがない人にはなかなか採用は厳しいかもしれません。

今の仕事が嫌だとか、そのような容易な気持ちでの転職はやめたほうがいいということですね。

 

転職が決まって、もちろん仕事環境がガラリと変わります。  気分が一新できる反面、新しい職場での環境や仕事上のルールなどに慣れるまで苦労してしまうというデメリットがあります。

それに慣れてさえしまえば、気持ちよく新しい気持ちで仕事が出来るかもしれませんね♪

スポンサーリンク

まとめ

転職を考えている人はたくさんいると思います。 転職をしたいけどなかなか一歩を踏み出せない、そういう方にこの記事を読んで勇気を与えられたらなと思います♪

メリットデメリットはありますが、転職して人生が変わったという人もいます!

容易な理由では失敗してしまう可能性もありますが、本気で転職したいと思う方は転職してもいいと思いました。

1度きりの人生、慎重に選んで後悔のない人生を送りたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です