東京にある金運の最強パワースポットを5つ紹介!しかも穴場!!

開運、仕事運、金運、恋愛運、健康運…あなたは何が一番欲しいですか?
私はやっぱり<金運>ですね。

人生、まずはこれがないと始まらない!
そんなお金大好きな私が都内にある金運のパワースポットをご紹介します。

スポンサーリンク

パワースポットとは


一般的にパワースポットとは、神聖・清浄な場所や神様や仏様が宿ってる場所、
植物が育つ元気な場所のことを言っていました。

訪れることで元気になったり、癒されたり、願いが叶ったということが特に感じられる
質の高いエネルギーが流れている場所なんですね。

「小網(こあみ)神社」

中央区日本橋にある神社。

太平洋戦争時には小網神社でお祓いを受け、「強運厄除守」を身につけて戦地に赴いた兵士全員が無事生還した強運・不死身の神社とも言われています。

社殿左側に、東京銭洗い弁天(万福舟乗弁財天像)と銭洗いの井があり、この井で金銭を洗い清め、財布に入れておくと、金運アップ!!

《ご祭神》
・倉稲魂神(うかのみたまのかみ)…稲荷大神、主祭神
・市杵嶋比売神(いちきしまひめのかみ)…弁財天
・福禄寿(ふくろくじゅ)、他

《所在地》
東京都中央区日本橋小網町16-23

《アクセス》
東京メトロ日比谷線「人形町」から徒歩5分
都営地下鉄浅草線「人形町」から徒歩7分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」から徒歩10分
東京メトロ東西線「茅場町」から徒歩15分

スポンサーリンク

「穴八幡宮」

新宿区西早稲田にある神社。

冬至の日から節分までの約2か月の期間限定で販売される御守「一陽来復御守」は、
金運アップに効果的との評判。
この御守を家の中、特に人が集まる部屋に貼ると、金運がみるみる上昇!!

《ご祭神》
應神天皇・仲哀天皇・神功皇后

《所在地》
東京都新宿区西早稲田2-1-11

《アクセス》
東京メトロ東西線「早稲田」から徒歩3分

「馬事公苑(ばじこうえん)」

東京ドーム約4つ分もの広大な敷地を誇る、馬にまつわる施設。

馬は古来から神様の使いとされており、そんな馬達がたくさん暮らしている馬事公苑ですので、
金運・仕事運を上げてくれるパワーがたっぷり。

馬とふれあうことでヒーリング効果も期待出来そうです!

《所在地》
東京都世田谷区上用賀2-1-1

《アクセス》
東急田園都市線「桜新町」より徒歩15分
東急バスもしくは小田急バス「農大前」下車、徒歩3分

「芝公園 蛇塚」

東京タワーのお膝元に広がる芝公園には、強烈なパワーをもつ「蛇塚」があります。
この蛇塚にお参りすると金運がアップすると言われています。

東京タワーから徒歩で行くことができ、
芝公園内のもみじ谷と言われるエリアにこの蛇塚があります。

ここにはお地蔵様がずらりと並んでおり、
その奥に<お蛇さま>と呼ばれる蛇塚が祀られています。

《所在地》
東京都港区芝公園4丁目-3

《アクセス》
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「神谷町」より徒歩7分

「皇居」

日本において最強のパワースポットと言われているのは、なんと「皇居」なんです。

天皇皇后両陛下がお住まいの皇居は、風水で言う「龍穴」の場所に建てられているため、
とても強いパワーがあるそう。

特に皇居内の本丸跡地から出ているパワーが強く、
自然に発生した円柱状のエネルギーが放射されています。

日本屈指のパワースポット、是非訪れてみてください。

《所在地》
東京都千代田区千代田1-1

《アクセス》
都営地下鉄三田線「大手町」より徒歩5分
東京メトロ各線「大手町」より徒歩3分

開運効果を最大限に発揮する参拝の8つの作法

せっかくパワースポットに足を運んでも、作法を知らなくては開運効果は期待できません。
ただの物見遊山の観光にならないよう、基本を学んだうえで参拝するようにしましょう。

①神社の鳥居は、「俗界」と「仙界(ご神域)」をつなぐ「気」の門です。
「気」の門を開くためには、一番外側にある「一の鳥居」から、鳥居の前では必ず立ち止まって軽く会釈します。

②境内でまず行うのが「手水舎(おてみずしゃ)」で手と口を清めること。
これは「ちょっと手を洗うところ」ではなく、自分自身を清めて、神様の前へ向かう状態にするための大切な儀式です。

③賽銭箱の上に吊り下げられている鈴は、挨拶のためではなく「音で自分を清めるため」に鳴らすものです。
鈴を鳴らして振動を起こすことによって、鈴の神聖な振動とあなたのエネルギーが共鳴し、清浄な状態になるのです。

④お賽銭は神様に捧げるお金ですので、丁寧に、優しく、感謝を込めて賽銭箱に入れましょう。
初詣などで、並んでいる列の後方から「投げ銭」している人を見かけますが、
人に当たる危険があるだけでなく、御祭神に大して敬意を払っていない行為にもなりますのでやめましょう。

⑤姿勢を正して神殿の前に立ち、2回お辞儀をします。
「二礼」には、①陰陽が和合して新しい自分になる ②宇宙想像の気とパワースポットの気が一つになると言うふたつの意味があります。

⑥2回拍手(かしわで)を打ち、
「いつも祈ってきた◯◯(願い)のことで参りました。◯◯についての恵を今、受け取らせて下さい」のように、心の中で唱えます。

⑦合掌しながら、自分の願いがご祭神に通じるのを感じましょう。受け取ったら、祈りを終わった印として再度、深々と90度のお辞儀をします。

⑧境内を出る時も、入る時と同じように必ず鳥居をくぐり、本殿に向かって90度のお辞儀をします。

参拝が済んだから終わりではなく、そこから新しい生活が始まるのです。
もちろん、願いがかなった後はお礼参りに行くことも忘れずに。

まとめ

東京にある金運パワースポットは

  • 小網神社
  • 穴八幡宮
  • 馬事公苑
  • 芝公園 蛇塚
  • 皇居

です。

東京そして全国には他にもたくさんのパワースポットが存在します。

訪れる際、すべてに共通して言えることは、
神様だったり自然だったり、パワーをいただくものへの感謝・敬意を払うということです。

やみくもにパワーを欲しがるのではなく、十分に受け入れる準備・体調を整えたうえでのぞみ、
そしてそのパワーをいただくことで、
身体のすみずみまで、その聖なるパワーが満ちてくることでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です