30代未経験の転職!例文あり、失敗しない志望動機書き方3つのコツ

20代と比べて難易度の上がる30代の転職。やる気や勢いだけでは成功できません。企業にとって30代の人材がほしいのは経験や即戦力があるから。なので、未経験業種・職種への挑戦は求人としても多くはなくさらにハードルはあがります…

ですが、不可能ではありません。

では、どのように対策し、志望動機を書いていけばいいのか、3つのポイントや例文を見て考えていきましょう!!

スポンサーリンク

これを書けば間違いなし!?志望動機3つのポイント

具体的なビジョンで実現したいことをハッキリさせよう

未経験業種・職種への挑戦の場合、なぜその業種や企業に興味をもったのかをはっきりさせる必要があります。

今やっている仕事が嫌だから、とか上司とうまくいかないから…など否定的な理由をそのまま書いてしまうと、「うちの会社に来ても嫌になってすぐやめるかも」と印象は悪くなってしまいますよね?

同業種・職種は未経験でありながら、自分の経験やスキルでその企業にどう貢献できるか、しっかり企業研究をした上で、具体的に自分がその企業で実現したいビジョンを提示するようにしましょう。

自分らしさを客観的かつ具体的にアピールしよう

やはり大事になってくるのが自己分析!

ただ、自分の強み・弱みを単純に考えるだけではダメです。採用担当者の立場に立って、客観的かつ具体的に自分らしさをアピールする必要があります。
例えば「リーダーシップ気質」だと自分で思っていても、具体例がなければ伝わりません。そのリーダーシップで今までどのように問題を解決してきて、それを今後どう活かせるかまで提示できるようにしましょう。

また、未経験をどのように補っていく努力ができるかを提示できるかもポイントになります。

実績、専門知識をアピールしよう

未経験業種・職種への挑戦だからといって、これまでの実績や専門知識をアピールしないわけにはいきません。

ただ、あれもこれもと一貫性のないアピールは逆効果です。
例えば「○○の販売が年間トップだった」のであればこれ1つに絞り、職務経歴の一番上に書き、面接でもこのことについて中心に話すのです。

ここでも企業研究をしっかりしたうえで、自分が今までやってきたことが、その企業でどう活かせるかの共通点を探してアピールすることを忘れずに。

実際どう書いていく?例文を見てみよう

ここまでの3つのポイントを抑えて、志望動機はどう書いていけばいいでしょうか?
例文を見ていきましょう。

販売→事務職

デザイン性と機能性・コストパフォーマンスすべてが優れた御社の商品を長年愛用していることから、今回御社の求人を拝見してぜひ入社したいと思い応募しました。
前職はアパレルの販売をしていましたが、売上管理などでエクセルを日常的に使用するなど、事務処理は得意な方だと自負しています。さらに経費管理表も独自のものを作成したことで、スタッフの残業時間を10%削減するなど、余計なコストも極力減らして収益改善に貢献。この経験を活かして、御社の事業成長を支えていきたいと思っています。

飲食店店長→SE

前職では、居酒屋で店長として勤めていました。専門的な仕事に就き、手に職をつけたいという思いを以前から持っていました。数ある専門的な仕事の中で、システムエンジニアを希望する理由は、私が勤務する店舗に売上管理システムが導入され、業務時間が大幅に短縮されたことに喜びを感じたからです。私も、誰かに喜ばれるための技術を身につけたいと考えるようになりました。貴社のシステムエンジニアは、お客様とのコミュニケーションが多く、大切にされています。接客の仕事をしていたため、お客様とのコミュニケーションには自信があります。入社後にシステム開発の技術を学び、一人前になるまで、お客様とのやり取りにおいて貢献したいと考えています。

 

  • その企業を選んだ理由が明確
  • 前職での実績が具体的にわかる
  • 自分が得意で、転職先でも活かせることをアピール

 

しっかり3つのポイントを抑えて具体的に書かれていますね。

スポンサーリンク

転職におけるメリット・デメリットは?

30代での未経験業種や職種への転職はかなり勇気のいることですよね。今まで10年近く積み上げてきたものをまた1から築き上げていくことにもなるし、給料面に関しては、未経験だと殆どの場合がダウンになるでしょう。

それでも今行動を起こして転職することによって、今までやりたかったのに実現できなかったことをできたり、生活にハリも出るのではないでしょうか?

私自身、20代後半ではありますが、韓国にワーキングホリデーに行くためにそれまで勤めた会社を退職し、ワーキングホリデー後に事務職から販売職に転職経験があります。
ワーキングホリデー後は、来日外国人と関わるインバウンド業界に携わりたくて、免税店販売員に転職したのですが、毎日来日外国人の方と接することができたり、習得した韓国語を使うことができたりと、毎日を刺激的に過ごせるようになりました。

転職することによるメリット・デメリットはともにありますが、自分が譲れないものをしっかり持って企業や職種を選べば、少なくとも今よりはいい!と言える転職、人生を送れるのではないでしょうか??

まとめ

30代の転職は、未経験の市場価値の高い職種への挑戦のラストチャンスだと言われています。

 

  1. しっかり企業研究を行い、具体的に実現したいことをアピール
  2. 客観的かつ具体的に自分をアピールし、未経験を補う努力をしっかり出す
  3. 今までのスキルを企業・業種に合わせて1点集中でアピール

 

もう30代?いえ、まだ30代!!

30代の無茶は世間がギリギリ許してくれます。ここで行動を起こして、志望企業に自分を営業して買ってもらえる準備をしっかりして、失敗のない転職活動にしましょう。

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。