都会から田舎へ引っ越し!うつかも?つらい気持を解消する7つの方法

さまざまな理由で都会から田舎へ引っ越しすることがあります。

  • 転勤
  • 結婚
  • 介護など家庭の事情で地元へ戻る
  • ご主人のご実家で同居・近くに住む

『住めば都』といますが
どうしても会わなくて田舎暮らしがつらくってうつになってしまうことも・・・。
つらい気持ちを解消する7つの方法を教えちゃいます。

スポンサーリンク

つらい気持を解消する7つの方法

「つらい」が先行して、「何が辛い」のか「何が嫌」なのかはっきりしていないことがあります。

  • 何が大変なのか
  • 何が嫌なのか

困っていることがはっきりしていれば、一つずつ解決ができますが
なかなかそういう訳にもいかないですよね。

つらい気持を解消しつつ理由を考えていきましょう。

その1.恥ずかしがらずに人に相談する

聞いてもらえるだけでスッキリすることもあります。
もしかしたら、同じ悩みを抱えている人がいるかもしれません。
思い切って誰かに相談してみよう。

その2.気の合う仲間を見つける

  • 習い事をする
  • SNSで交流
  • 地域のコミュニティーに参加する

地元の人と仲良くなれれば、地域のことを教えてもらうことができて、今後の生活もしやすくなりますが、無理して地元の人と仲良くなる必要はないです。
SNSでも仲間を見つけていこう!!

その3.趣味をみつける

共通の趣味があると打ち解けやすいですし、打ち込めるものがあると人は強くなれます。

趣味で作ったものや活動したことをSNSで紹介していくと、同じ趣味の人との交流ができます。
ワークショップを開けば地域に溶け込むきっかけになりますね。

はらこ
子どもがマスクを嫌がってつけてくれなかった時、なんとかマスクをしてもらいたくてかわいい柄のガーゼでマスクを手作りするようになりました。
同じ柄のマスクがたくさんできてしまうので、職場の人にあげたり園のバザーに出したりしました。すると、今まであまり親しく話したことがない人から「これどうやって作るの?」「子供がマスクをしてくれなくて困っていて、作ってもらえる?」とか声をかけてもらいそこから知り合いが増えていきました。

その4.物事を良い方に考える癖をつける

前向きになる考え方をしよう

『あと5分しかない』ではなく『あと5分もある』

『寝坊した』ではなく『疲れていたから睡眠が必要だった』

『散らかさないで』ではなく『お部屋がきれいだと気持ちがいいね』『いつも片付けてくれてありがとう』

無理矢理でもいいので、前向きに変換して考えると心も軽く明るくなります。

良い事を探す

  • 庭の花が咲いた
  • 洗濯物がよく乾いた
  • 新しいお料理に挑戦できた
  • ビシッとアイロンがけができた

なんでもいいので、日常の中から良い事を探してみよう!!

その5.心療内科・精神科に早めに受診する

早期に受診すれば症状改善も早くなるでしょうし、服用する薬も少なくて済むかもしれません。
なにより、自分の気持が楽になることが一番です。

その6.とりあえず期間を決めてがんばってみる

とりあえず半年・1年と期間を決めて頑張ってみよう!!

この先ずっとこのままと思うとつらい気持ちがさらに増してしまうので、「自分で頑張れそうな期間」「仕事の区切りのつくまで」など期間を決めて頑張ってみよう。

その7.ダメと思ったら躊躇せず田舎から逃げる

環境の変化がそもそもストレスになります。
慣れてくればストレスも解消されて楽しく過ごすことができるでしょう。

でも
水が合う・合わないはあります。
どうがんばっても合わないものは合わないのです。

はらこ
自分の生まれ育った町から車で30分くらいのところに引っ越ししましたが、そんなに離れてない距離なのに言葉もちょっと違うし、なれるまでちょっと???と戸惑いました。
それに、年に1度の祭りも好きになれません。もちろん参加はしませんが、もともと住んでいる人からすると「祭りに参加しないなんてありえない!!」だそうです。引っ越してから10年以上になりますが、どうも好きになれないので一度も参加していません。
祭りに参加しなくても自治会の当番はやらなくてはいけないらしいので、当番がまわってきたらどうしようと毎年ヒヤヒヤしています・・・。

たった車で30分の近場への引っ越しですらなじめないことがあるのに、都会から田舎へ引っ越しなんて、なじめなくても仕方がないです。

それなのに無理して体を壊してまで頑張る必要はありません。
都会にもどりましょう。

まとめ

友達もいない、気晴らしに遊ぶところもない・・・。
考えるだけでお先真っ暗。
心療内科を受診したいと思ってもそもそも心療内科が近くにない・・・。
都会から田舎へ引っ越しして、つらくて困ってしまう前に出来る事をやってみましょう。

  1. 恥ずかしがらずに人に相談する
  2. 気の合う仲間を見つける
  3. 趣味をみつける
  4. 物事を良い方に考える癖をつける
  5. 心療内科・精神科に早めに受診する
  6. とりあえず期間を決めてがんばってみる
  7. ダメと思ったら躊躇せず田舎から逃げる

自分の居場所があればどんなところも『住めば都』になるでしょう。
自分の居場所が見つけられなければ辛くなるだけ。

都会に戻りたくても戻れない事情があって、簡単にもどれないこともあるでしょう。
でも、健康でなければなにもできません。

無理せずに都会へ戻って大丈夫!
そこからまた始めよう。

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です