30代女性におすすめ‼需要のある資格ランキングベスト5【必見】

キャリアアップをはかりたい‼
転職に有利な資格をとりたい‼
手に職をつけたい‼

そんな風に上を目指す30代女性を応援します(^^)

30代からでも資格をとるのは全然遅くありません。
でも資格をとるといっても、たくさんの資格があるなか中で、どれにするか迷ってしまいますよね。

資格をとるには時間もお金もかかるので、闇雲に何でもかんでもって訳にはいかないし・・・。
いったいどんな資格をとるのがいいのでしょうか??
今、需要のある資格とは??

アラサーのわたしがおすすめする30代女性がとるべき資格をランキング形式で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

30代女性がとるべき需要のある資格ランキング

ベスト5 中小企業診断士

『中小企業診断士』国家資格で、特に30代40代に人気の資格です。

企業経営・財務・経営法務など、7つのカテゴリーのビジネスで役立つ専門的な知識を身につけることができます。
将来的には経営者のような立場で仕事ができる可能性も‼

難易度は高めなので、計画的な学習が必要になります。

はらこ
難しいけど、そのぶんやりがいもあるね!

ベスト4 登録販売者

『登録販売者』国家資格です。
『登録販売者』がいれば、一部の医薬品を販売することができるんです。

最近は「ドラッグストアに薬剤師or登録販売者をおく」という風潮があり、かなり需要が多いんです‼
まだまだ足りていないこともあり、ドラッグストアで高時給な求人があったりします‼

収入アップを目指したい人におすすめです。
専門的で難しめの資格ですが、受験資格はないので勉強さえ頑張れば誰でもとることができますよ‼

はらこ
今から薬剤師にはなかなかなれないけど、登録販売者にならなれる‼

ベスト3 宅地建物取引士

『宅地建物取引士』は不動産関係の国家資格です。

不動産業務を行う事務所には、従業員の5人に1人以上、この資格をもっている人をおかなければいけないと法律で定められています。
なので、この資格をもっていると不動産業界ではかなり有利‼

受験資格もなくなく、30代40代の受験者が多いです。
宅地建物取引士は男性が多いので、女性だとかなり重宝されますよ‼

はらこ
30代女性にぴったりのまさに狙い目の資格です‼

ベスト2 医療事務関係

医療事務として働くには実は資格が必要とは定められていません。
ですが、専門的な知識が必要になってくるので、実質資格がある方がもちろん有利‼

医療事務関連の資格はいろんな種類がありますが、そのなかでもおすすめなのが、

  • 『診療報酬請求事務能力認定試験』
    医療事務の中で1番最高峰の資格です。
    医療事務としてずっと働きたいなら取得すべきです。
    他のものに比べると難易度は高めです。
  • 『医療事務OA実務能力認定試験』
    難易度はそれほど高くはないのに、持っていると知識が認められる、いいとこどりの資格です。
  • 『調剤事務資格』
    プラスでとるならこの資格がおすすめです。
    この資格があると院内処方のある医療施設で重宝され、また調剤薬局での事務もでき、就職先の幅が広がります。

医療事務として活躍できる医療施設は、コンビニの2倍以上あり、就職先が豊富です。

はらこ
病院はたくさんあるし、求人も増えている傾向にあるよ‼
今が取得のチャンス♪

ベスト1 介護職員初任者研修

『介護職員初任者研修』は、昔はホームヘルパー2級と呼ばれていました。
介護の仕事をしたい人が最初に取得すべき資格です。

介護の現場は、高齢化の影響で人手不足に悩まされています。
なので需要はとても高い‼

これからもっと高齢化が進むので、ますます重宝されますよ。
職場環境も見直されつつあり、賃金アップも期待できます‼

受験資格もなく、約3ヶ月で取得できます。
合格率はなんと90%以上!
介護の資格の中で1番簡単に取得できると言われています。

資格取得後には、介護福祉士ケアマネージャーとして更にキャリアアップしていくこともできますよ。

また、今後両親など身近な人に介護が必要になることも十分に考えられます。
そんなときにも知識が役に立っちゃいます‼

はらこ
今から手に職をつけたい人には断然おすすめ!

もっていて損はない資格

TOEIC


『TOEIC』は英語のコミュニケーション能力を評価するテストです。
同じ英語の資格として『英語検定』もありますが、就職に有利になるのはTOEIC‼

TOEICは990点満点中何点か、スコアで判断します。
600点以上なら履歴書に書けるレベルです‼

2020年に東京オリンピックが開かれることもあり、英語力は今世間から注目されていますよね。

日商簿記検定

企業の経営活動を記録・計算・整理して財政状況を明らかにする仕組みを学ぶのが『日商簿記検定』です。
参考書も多く販売されていて、独学で学ぶことも十分にできます。

事務職希望の人にはおすすめです‼
簿記3級を取得しているだけで就職先の幅がぐんと広がります‼

自分にあう資格が分からない人は?

どんな資格が向いてるのか分からないなんて人は、参考までに資格診断を試してみるのもいいですね。

主婦資格診断

こちらのサイトでは、5つの質問にこたえると、簡単に診断できます。

はらこ
わたしもやってみました‼
″ベビーマッサージ・児童英語教師・チャイルドマインダー″だそうです。
わたしは保育士なので、この資格が向いてるのは確かかも‼
スポンサーリンク

実際に資格をとりました‼~みんなのエピソード~

子育てをしながら医療事務の資格を取得しました。
子育て中は仕事をできなくても、小学生に上がった頃には仕事もできるだろうと思い、そのためには資格があったほうが有利だと考え、一念発起で通信講座を申し込み、教材テキストを使用し資格勉強をしました。
一日の中で、子供がお昼寝をしている1時間と子供の寝静まった夜の2時間ほどの計3時間程を費やし、勉強しました。
5~6か月ほどと時間はかかりましたが、無事資格を取得することができました。
医療事務の求人も多く掲載されており、資格の箇所にも「有資格」と書かれていることが多く、医療事務の資格を取得して良かったと思いました。

はらこ
子育てをしながらでも資格取得できちゃうんですね‼すごい‼

介護職員初任者研修を取得し、未経験で介護の世界に入りました。
大変なイメージがある介護職ですが、やりがいはありますし何より人の助けになれるということに喜びを感じます。
今は介護福祉士の資格に合格することを目標にお仕事を毎日頑張っています。
学生時代からほとんど勉強をしてこなかったので、逆にこの年齢になっての勉強が楽しいと感じることもあります。

はらこ
30代だからこそ、学ぶことが楽しいと思えるのかもしれませんね‼
わたしも何か資格がほしくなってきました★

まとめ

  • 『介護職員初任者研修』『医療事務』
    これらは比較的に簡単にとれて、すぐに働くことができます。
    高齢化の影響で、今もこれからも需要があります。
  • 『宅地建物取引士』『登録販売者』『中小企業診断士』
    これらは難易度は高めですが、とれば一生ものの資格です。
  • 『TOEIC』『日商簿記検定』
    これらはもっていて損がなく、いろんな職種に生かすことができます。

30代というとあと20~30年働けちゃいます‼
資格取得してキャリアアップしたり、転職したり…
上を目指すのは遅くありません。
むしろこれからです‼仕事や家事、子育ての間の時間をつかってコツコツ勉強し、資格取得してみませんか??
その先には明るい未来が待っているはずですよ★

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です