いざ転職!!面接で質問・逆質問は何個ぐらいが平均なの?

正直、面接行きたくない…。だって凄く緊張するし…。
なんて言えば良いのか分からない。

  • 自分の思いが伝わるのかなぁ?
  • 質問にスムーズに答えれるのかなぁ?
  • 自分はどの様なイメージを持ってもらえたのかなぁ?

終わってから「やっちゃった〜」と後悔しない様に下準備をしっかりとしてから本番に望みましょう。

下準備とは何か?質問に対する回答例文もご紹介しますので参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

面接での質問・逆質問とは?

面接では何を聞かれるの?
急に聞かれても……モジモジ。頭では分かっていてもスムーズに答えれない。

そうならない様に「〇〇を聞かれたら〇〇と答えよう!」とあらかじめ決めておくと良いでしょう!

文章を考えるのは苦手‼︎そんなあなたには、箇条書きがオススメ‼︎

質問の内容は?

質問の例
「自己紹介・自己アピールをお願いします。」

自己紹介、自己アピールは自分が自由に話せるチャンス!しかし、長々と喋べり過ぎるのはダメ!自分らしい回答を簡単にまとめると良いでしょう!

自己紹介は名前と簡単な挨拶で良いですよね!自己紹介に加えてどんな思いで応募したのかを伝えるのも良いでしょう。

回答例文

田中太郎です。本日は、お忙しい中お時間頂きありがとうございます。私は、株式会社〇〇で〇〇業をしてきました。〇〇業での経験を御社でも活かせれると思い応募させて頂きました。よろしくお願いします。

質問の例
「長所・短所を教えてください。」

長所とは、自分で自信がある事です。あなたが会社で働いた時に何を活かせれるのかを伝えましょう!

今までに自分が残して来た結果! 自分が持ってる資格!など、エピソードがあれば良いですね。

短所とは、自分には不足している部分です。不足している部分をどの様に補って改善していくかを伝えましょう!

今、自分に自信が持てる様に色々な事にチャレンジしている!今は〇〇が苦手なので勉強中!など自分の不得意をしっかりと理解できていてそれを補う為にどう努力しているか伝えられると良いですね。

回答例文

私の長所は、好奇心旺盛なところです。興味をもったことは、徹底的に調べあげて何にでもチャレンジします。以前の会社でも好奇心旺盛であることが幸いし、お客様や取引先の方が求める物、納得できる物を提供する事が出来ました。しかし、好奇心が勝ってしまい自分が納得出来るまで調べてしまうのでお客様などにお時間を頂く事がありました。お客様が何を何処まで求めているのかを見極めれる為に、しっかりと耳を傾けれる様に努力しています。

※長所は沢山アピールしたくなりますが、沢山アピールし過ぎると本当に?と思われるかも‼︎

質問の例
「志望動機は何ですか?」

志望動機は履歴書にも記入してある場合が多いですよね。しかし、わざわざ聞くのは何故でしょう。

例えば、ネットで電化製品を購入しようと思った時、あなたは写真や商品説明を見ますよね?その説明だけでは分からない事はないですか?

○○と、書いてあるけど実際には○○だった‼︎○○機能付き。○○機能って何?

店頭に行って実際に見て触って、商品説明をしてもらった方が伝わりやすいですよね!

会社はだれでも良いと言う訳にはいきません。会社が探し求めている人材かどうかを見極める必要があるのです。だから、もっと詳しく知りたいのです。だから、直接聞いてみたいのです。

会社が聞きたい事は何なのか?考えてみましょう‼︎

  • なぜウチの会社を選んだの?
  • 他の会社ではダメなの?
  • あなたには、ウチの会社で何が出来るの?

それを詳しく知りたいのです。

○○が、魅力だった‼︎

この会社なら自分の経験が活かせる‼︎

自分が転職先としてこの会社を選んだ時、この会社にしようと思ったのは何故かをしっかりと伝えましょう。

回答例文

同じ業界の他社に比べてお客様視点を大切にしていると感じたからです。例えば、オンラインショップサイトなどの細かい箇所が頻繁に改善されているので、お客様の使い勝手を強く意識して常に改善を試みているのだと思いました。私は、以前の職場でホームページの編集やお客様への商品案内などをさせて頂いていました。お客様が見やすい様に、お客様が分かりやすい様に伝える事を第一に考えています。その経験から色々なお客様に喜んで頂ける商品を紹介出来るのではないかと思い、また多くの商品を取り扱っている御社では今自分が持っている以上の力が発揮出来る様に思ったからです。

※履歴書を読めば分かる様な事は繰り返し言わない様に‼︎

ここまでは、就職する際によく聞かれる質問でしたが、ここからは、転職の際によく聞かれる質問をお教えします。

転職の際に聞かれる質問には、答えたくない‼︎と思う様な質問をされる事があります。しかし、会社は、あなたに仕事を継続して貰る為に知りたい情報なのです。

質問の例
「なぜ前の会社を辞めたのですか?」

会社を辞めた理由は人それぞれです。

  1. 家庭の事情など(引っ越し、介護等)でどうしても続ける事が難しくなった!
  2. もっとスキルアップしたいから辞めた!新しい事にチャレンジしたいから!
  3. 人間関係が嫌!仕事内容、環境が合わない!収入が少ない!

1番2番の場合は、正直に答えやすいですが3番の場合は、正直に答えにくいですよね?     正直に答えると不採用になるんじゃない?

でも嘘は、ダメ!伝えないとまた同じ理由で転職…なんてことも!

では、どの様に答えれば?

  • 人間関係が理由なら。信頼出来る仲間の元で今以上に成長したい!
  • 仕事内容,環境が理由なら。もっと自分の経験を活かして効率的に仕事がしたい!
  • 収入が理由なら。自分の成果に対して正当な報酬が得られるような仕事がしたい!

ストレートに答えるのではなく、言い方を変えて伝えましょう。

回答例文

前の職場は、仕事内容では満足していましたが、尊敬していた上司と間で目指している目標に違いがありました。同じ目標に向かって仕事が出来る仲間の元で今以上に成長したいと思いました。

※前の職場の悪口は言わない様に‼︎

逆質問とは?

ここまでは、会社側からのあなたへの質問でしたが、ここからは、あなたから会社側への質問、逆質問についてです!

聞くの忘れた…聞けばよかった…なんて事にならない為にあなたが聞いておきたい事をまとめておきましょう。

例えば以下のような逆質問をすると、成長意欲が感じられて良いですね!

  • 「御社に入社する為にこれだけは覚悟して欲しい、守って欲しい事があれば教えてください。」
  • 「御社に入社する際に準備しておくと良い物、勉強しておいた方が良い物があれば教えてくだい。」
  • 「今募集されている人材は、どの様な人材が一番適していると思われますか?」

※説明会等で説明された内容、応募の際に書かれていた条件等、ちゃんと目を通しておけば分かる様な内容の質問はしない様に‼︎また、いきなり給料などは聞かない方が良いですね‼︎

質問・逆質問は例文を挙げればキリがありません。
しかし、どんな内容でも自分に自信を持って答える事で熱意を感じて貰るはず!自分を信じて!

質問・逆質問の平均は何個?

次に質問は、何個ぐらいあるの?逆質問は何個聞いても良いの?平均をお伝えするので参加までに‼︎

会社側からの質問は、面接の設定時間や個人・集団によって左右されるでしょう。

  • 個人面接の場合 平均7~8個!
  • 集団面接の場合 平均が4~5個!

と言われています。

あなたからの質問は状況をみて判断しましょう。

  • 個人面接の場合 4〜5問程度!
  • 集団面接の場合  1人2問程度!

ではないでしょうか。

※「何か質問はありませんか」と聞かれて「何もありません」では会社に興味がない様な印象になり兼ねないので最低でも2問程度は考えておく様に‼︎

スポンサーリンク

まとめ

  • 後悔しない為に下準備を‼︎
  • 文章が苦手な人は箇条書きがオススメ‼︎
  • 自分の回答には自信を持って‼︎
  • 良い言葉ばかり並べるのではなく自分らしく‼︎
  • 伝えたい事、聞きたい事は簡潔に‼︎

あなたが転職して良かったと思えるように、応援しています。
もっと楽しい毎日がはじまりますように‼︎

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。