転職の志望動機の書き方の2つのコツとは??例文もご紹介!

転職したいけれど、採用されるか不安で踏み込めない・・・。
そんな人は必見です!

わたしは職場に思うところがあり、転職した経験があります。
その結果、無理なく自分に合った仕事ができるようになりました。

転職の成功の秘訣とは?
採用者の目に留まる志望動機の書き方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職によるメリット・デメリット

今まで働いて築きあげてきたものを捨てて転職するメリットは何でしょう?

メリット1.収入が上がる可能性があること

もちろん、確実に上がるとは限りませんが、可能性は大!

転職により自分がスキルアップ→自分という商品価値が上がる→周りから評価が上がる→収入が上がる

こんな場合もあるんです。
嫌々働くんじゃなくて、楽しく働くことで、効率よく稼げるようになったりすることも!

メリット2.キャリアアップを図れる可能性があること

これも確実ではないです。
でも、例えば出世も見込めずずーっと平社員でいるより、「自分はこんな会社におさまるような器じゃない!」と意気込んで転職して、新しい会社で部長にまで上りつめる。
こんなことも起こり得ます!

デメリットは・・・

「転職っていいことだらけじゃん」なんて思ったそこのあなた!
残念ながら、デメリットもあります。

それは、新しい職場環境に慣れくちゃいけないこと。
仕事内容はもちろん新しく覚えなくちゃいけないし、人間関係間もイチから築かなくちゃいけないし・・・。

まるで、すごろくの「振り出しに戻る」みたいな感じ。
慣れるまでに時間もかかるし、気もつかいますよね。

 

デメリットもあるけど、仕事は自分に合ってないと、続けいくのは正直大変。
わたしの場合は前職が残業や持ち帰りの仕事で忙しく、育児や家事に割ける時間が減ってしまったことで転職を決意しました。

そして今の自分のキャパに合った仕事を見つけ、転職に成功!
残業がなくなった分、収入は減りました。

その代わり、お金よりもかけがえのない、子どもたちと過ごす時間を取り戻しました!
わたしは転職して後悔はしていません^^

志望動機の書き方の2つのコツを紹介

1.転職理由は前向きな理由をアピール!

志望動機の書き方で大切なこと、それは前向きな転職理由であることをアピールすること!
これが一番です。
ネガティブな内容を書くのはNG!

前職を仕事が嫌になって辞めたとしても、上司が嫌になって辞めたとしても、正直にそれを書いちゃいけません。

転職してもすぐに仕事を辞めるんじゃ・・・、周りと上手くやっていけないんじゃ・・・、なんて思われちゃいます。

「○○が嫌で辞めたから転職する」じゃなくて、「○○がしたいから転職する」という風に、やる気があるから転職することをアピールしちゃいましょう!

2.徹底的に自分の経験を入れ込んで、この会社を選んだ理由をアピール!

また、採用担当の人が知りたいのは「同じような職種の会社があるなかで、どうしてここなのか」ということ。

会社の社風に惹かれたという、ありきたりな内容にならないためには、自分の経験を入れ込むことがポイント!

例えば、「この会社の就職セミナーに参加したときに尊敬できる社員がいた」とか、「この会社の製品やサービスをつかったことがある」とかなど。そんな些細な経験でも入れ込むだけで全然違ってきます。

本やネットで書き方が出回っていることは、会社側も分かっています。
マニュアル通りの綺麗な言葉を並べるんじゃなくて、自分の言葉で書くことが大切なんです★

スポンサーリンク

志望動機の例文をいくつかご紹介

同じような職種に転職の場合

「中古車販売の営業をしておりました。今の仕事にやりがいを感じておりましたが、もっと幅広いニーズに応えたいと考え、中古車だけでなく新車や新古車も取り扱う貴社の営業職に応募いたしました。車を扱ってきた経験を活かして、貴社の業績に貢献したいと考えております。」

前職を生かしたい!とアピールすることが大切です!

違う職種への転職の場合

「保険販売の営業でトップセールスを達成しました。今度は何か新しい挑戦をしたいと思うようになりました。子どもが好きなこともあり、チャイルドマインダーの資格を取得しました。資格を生かし、今までの仕事で培ってきた忍耐力で、業務に貢献できると思います。」

違う職種を志望すると、「なぜ?」っと思われがち。
これはすごく前向きで熱意が感じられますよね。
こういうのが◎なんです!

資格取得までできずとも、新しい職のために何か行動を起こしたことを盛り込めば、やる気も伝わりやすいです。

自分の経験を盛り込む

「御社のエステサロンを利用したことがあります。その時の対応が印象的で、ストレスを全く感じることなくあっという間に終わってしまいました。自分もこの心地良さを伝える側になりたいと思うようになりました。」

その会社に応募した具体的なエピソードが含まれてて良いですね!

まとめ


転職には、新しい環境に慣れなければいけないというデメリットがありますが、無限大の可能性があります!転職に成功するために志望動機の書き方は重要です!

採用されるための志望動機の書き方として

  1. 前向きな転職であることをアピールする
  2. 自分の経験を盛り込んで、なぜこの会社を選んだのかをアピールする

大切なのはこの2つ!

 

嫌な仕事を何十年も続けていくと考えたら、本当恐ろしいですよね。
同じ働くのならやっぱり楽しく働きたい!

そしてきっと誰もが思うのが、楽してたくさん稼ぎたい(笑)
そんな自分の思いを叶えるための転職、いいじゃないですかー!

せっかくの人生、上を目指していきましょ★

転職は失敗じゃなくて、成功するためのきっかけです!
そうやって試行錯誤しながら、自分にぴったりの仕事をぜひ見つけてくださいね♪

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です