上京したいけど新しい環境って不安…都会への恐怖がある人に送る5つの処方箋

上京したいけど、私に東京の生活なんてできるのかな…?

よーくわかります、あなたの気持ち。

私も田舎者なんで東京への憧れはありますが、なんとなく住むのは怖いイメージがあります。
上京したいけど少し怖い…そんな新しい環境への不安を一緒に吹き飛ばしましょう

スポンサーリンク

上京が楽しみになる!5つの不安を解消しよう!

田舎から上京するとき心配なことと言えば?
心配性な私なんかは考え出すととキリがないですが、特に多い心配を見てみましょう。

1.ホームシックにならないかな?

覚悟を決めて上京したものの、
慣れない場所や仕事、知り合いもいなくて愚痴も言えない…
悩みを聞いてくれるのは持ってきたクマちゃんだけ…
ホームシックになるのも当然です。

でもそれは最初だけ!

東京に住んでいる人は半分以上の人が上京組です。
職場の先輩も同僚も、地方出身者なんてことも珍しくありません。
いろんな地方の話題で盛り上がって仲良くなったりするかもしれません。

友達はいるけど家に1人でいるとさみしい…というときは、
熱中できる趣味を見つけたり、外に買い物にでかけたりしてみましょう。
1人の時間を楽しめるようになれば、自分も少し成長できたな、と感じられるはず♪

2.金銭面のやりくりが心配!

東京は物価も家賃も高い!
私の収入でちゃんとやっていけるのかな?と不安になりますよね。

確かに東京は物価も家賃も高めですが、その分平均賃金も田舎より高いです。
東京在住の友人は派遣社員ですが、何とかやっていけてると聞いております。

まずは背伸びはせず、自分の収入に見合った家賃のアパートに住めば問題はありません。
田舎の感覚だと、なるべく職場から近い方が…と思いがちですが、
郊外になるだけで家賃相場はぐっと下がります
電車で15分くらいで都市部に行けちゃう!なんて場所もありますし、
最寄りの駅が始発駅なら通勤ラッシュの時間でも座って行けちゃいます。

都内の安い家を探したために、駅から遠く、
暗い夜道を歩かなきゃ…なんてことよりもずっと安全ですよ!

最近はシェアハウスも人気です。
女性専用のシェアハウスもありますし、さみしいのが苦手な方や節約したい方におすすめです。

はらこ
シェアハウスってすごい都会なイメージ!
地方ではあんまり見かけないですよね~。気の合う友達も見つかるかも♪

東京って治安悪そう…

「東京は住むところじゃない。遊びに行くくらいがちょうどいい。」
ずっと田舎暮らしの人はみんな言いますよね。
うちの両親もコレよく言ってたのですが、実際東京行ったことありません(笑)

確かに六本木や歌舞伎町など、夜のイメージが強い街は危ない印象が強いかもしれません。
しかし、場所によってはむしろ田舎より安全なんです!
田舎だと街灯が少ない場所も多く、夜中に外を歩く人なんてほとんどいません。
私の地元はみんな車移動なので昼間も人がいません(笑)

一方東京は人がたくさんいて街が明るい!
東京生まれ東京育ちの人から見れば田舎の方が怖いらしいです。
犯罪が起きるとすれば、人目のつかない場所のほうが狙われやすいですよね。

  • 人通りの多い道を通る
  • 暗い脇道に入らない
  • ゴミ出しのときにもちゃんと鍵をかける

など防犯意識さえきちんと持っていればそうそう危ないことには合わないはず。

電車間違えずに乗れるかな⁉

東京の路線ってほんとに複雑ですよね!!
出口いくつあるんや!って感じですぐ迷います。
田舎者の私は旅行に行った際はかなりドキドキします(笑)

これは東京在住の友人いわくすぐ慣れる!そうです。

覚えるまで案内板見ながら歩く!
もし迷ったら「田舎者ってバレたくない…」なんて見栄は張らずに駅員さんに頼りましょう。
大丈夫、ちゃんと優しく教えてくれます。

東京は駐車場少ないし料金バカ高いし(月1万⁈田舎の3倍やん!)電車通勤の方がおすすめです。
節約したいなら車通勤はやめときましょうね。

ちゃんと就職できるかな⁉

仕事ちゃんと見つかるかな?私についていけるのかな…
田舎に比べて東京での仕事は本当にたくさんあります!!

仕事の種類や求人が多いので、その中から自分に合った仕事を探すのは大変です。
不安な人は就職エージェントを使ってみるのがおすすめ!
登録するとコンサルタントさんが、希望職種やスキル、長所などヒアリングをし把握した上で、
おすすめの求人情報を紹介してくれます
さらに面接の日時調整や、条件面の交渉もしてくれるんです!
地方から何度も面接などのために足を運ばなければならない上京組にはありがたいサービスですね。

おすすめの就職エージェント

マイナビエージェント
20代向け。はじめて転職をする方や未経験業界にチャレンジしたい方におすすめ!

リクルートエージェント
20~40代の幅広い年齢層に!
好条件が多いとされる非公開求人の数は業界トップクラス。

duda
20~30代向け。転職先を決めるために役立つコンテンツが充実している。

この3つは業界大手ですが、他にもたくさんの就職エージェントがありますので、ぜひ見てみましょう。
コンサルトさんには自分の希望をはっきり明確に伝えるのが大事ですよ!

田舎のほうでは仕事を辞めるとすぐに近所に噂が広まったり、白い目で見られがちですが
東京は良い意味でドライで、他人に干渉しない、自由な環境です。
たとえ就職で失敗してもやり直すチャンスが地方より多いのです。

こんな場合はちょっと待った!

はっきり言うと上京すれば、実家や田舎から解放されますが、厳しい世界です。
例えば「実家が好きじゃない」「地元が好きじゃない」など、
“何か”から逃げたくて東京へ行こうとしている場合

目標がなく生活していると「何で東京に住んでるんだろう…」
と上京してきた意味がわからなくなってしまうんです。

初めから目標を持って行動するのが理想的ですが、東京へ行ってから目標を見つけるのもアリです!
目標がある人とない人で10年、20年後の生活に必ず差が出てきます
これは上京してもしなくても言えることですね。

あと東京での職探しはお金が結構かかります!

  • 面接のための地元↔︎東京間の往復交通費
  • 仕事が決まるまでの生活費
  • 引っ越し費用 などなど 

上京資金を貯めてから行動にうつしましょうね。

スポンサーリンク

感謝の気持ちを忘れずに♪

田舎者丸出しの記事でしたが(笑)少しでも不安な気持ちが和らいだでしょうか?

まとめ
  • ホームシックは最初だけ!
  • 最初の家は収入に見合った家賃を選ぶ
  • 防犯意識を常に持つこと
  • 電車通勤もすぐ慣れる!迷ったら駅員さんに聞くこと
  • 不安な場合は就職エージェント
  • 目標を持つことが大事!未来の生活に大きな差が出る!

東京に限ったことではありませんが、
上京すればたくさん人がいる分、それぞれの考え方や価値観があってかなり刺激を受けます。
大好きな地元にずっと住むのも素敵なことです。
でも、上京したからわかること、成長できることって絶対あるはずです!

私も東京ではないですが、まあまあ都会の方で1人暮らしした経験があります。
最初は土地勘もないし、知り合いもいなくてさみしくて泣きそうでした…

でもそれは本当に最初だけ!

知り合いが出来ればさみしさも忘れるし、電話やLINEで親や地元の友達だって繋がってます。

それまでは何もなくてつまんね~って思っていた地元の良さを改めて実感できました。
私は、育ててくれた両親や地元、今ある環境への感謝の気持ちを忘れなければどこへ行っても大丈夫だと思っています。

何か新しい環境に飛び込むときに不安や恐怖を感じるのは当たり前のことです。
でも必ず慣れてきますし、慣れてきた頃、あなたは確実に強く大きく成長しているはず!
あなたの東京での生活が素敵なものになりますように♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です