【徹底調査】北海道から上京したい!!貯金はいくら必要?

憧れの東京生活。
転職を機に、長年住み慣れた土地、北海道から上京したい‼

でも実際に上京するとなると、どのくらいのお金がかかるか見当がつかない・・・
できるだけ安く済ませる方法はないの?

こんな疑問を抱える方、上京という夢を実現させるために、どれくらいの貯金が必要かをお伝えしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

東京と北海道との差

東京が物価が高いと言われているのは、周知の事実かと思います。
実際に住んでみて、大きなギャップを感じることも多いでしょう。

まず、大きく違うのは、何といっても家賃です。

一人暮らしの場合、札幌だと3~4万前後で住めますが、東京の場合だとこれが7万円前後になります。

お給料も東京の方が高いですが、職種によっても大小ありますので、
「家賃が高くて精一杯、お金が無くて折角の東京ライフが楽しめない・・・」なんてことのないよう、ご注意を‼

では実際に、どのくらいの貯金が必要なのか、項目ごとに分けてご説明していきます♪

家賃、初期費用(35万円前後)

上京が決まったらまずはじめに取りかかりたいのが、家探し。

東京は物価が高いですが、エリア毎に安い地域もあるので事前にチェックしておきましょう。

家賃が安いエリア

●平均家賃が安いエリアランキング(1R~1DK)

葛飾区 6.8万円
江戸川区 7.0万円
足立区 7.3万円
練馬区 7.5万円
北区 8.0万円

参考:https://www.daiwahouse.co.jp/chintai/tokyo/souba/1/?order=RENA

女性に人気のエリア

護国寺 8.8万円
茗荷谷 8.7万円
江戸川橋 8.9万円

 

護国寺に住む人からの口コミ
女性が夜一人で歩いていても、怖いと思ったことはない。近くに日本女子大の寮があり、警備員の人が巡回している地域もある。夜でも12時くらいまでなら、何かと人通りがある。ペットを散歩させている人や老人が多い印象。
参考:https://house.goo.ne.jp/sp/town/tokyo/ensen/347/2347110/
茗荷谷に住む人からの口コミ
コンビニエンスストアや大型スーパーなどもあるので買い物がしやすいです。仕事終わりにも気軽に買い物することができます。
参考:https://house.goo.ne.jp/sp/town/tokyo/ensen/342/2342030/
江戸川橋に住む人からの口コミ
江戸川橋の地蔵通り商店街には飲食店が多数あります。また、10分かからずに神楽坂にアクセス可能でテレビ等で紹介される有名店も徒歩圏内です。
参考:https://house.goo.ne.jp/sp/town/tokyo/ensen/347/2347120/

初期費用について

家賃が7万円の場合、初期費用はどれくらいかかるのかを見ていきましょう。

敷金 7.0
礼金 7.0
仲介手数料 7.0
日割り家賃 3.0
前家賃 7.0
火災保険料 2.0
鍵交換費 2.0
合計 35万円

月々の家賃とは別に、初期費用は結構かかります。
敷金・礼金がタダの物件もあるので、そちらを優先して探すのも良いでしょう。

あと、忘れてはいけないのが駐車場代

北海道民は短い距離でも車移動が当たり前ですよね。
そのイメージをもって、東京に来ると、駐車場代がべらぼうに高いため、衝撃を受けます。

また、東京では月極駐車場を探すのは困難で、たとえ探せたとしても、駐車場に「敷金・礼金」が発生することが多いのです。

上京子ちゃん
車をお持ちの方も多いと思いますが、東京では自転車や徒歩でも十分過ごせます。駐輪場代も別途かかることが多いので、家探しの際にはその点も要チェックです‼
スポンサーリンク

家具・家電(15万円前後)

こちらも生活していく上で必須です。家具家電付きではないお家に引っ越される方は買い揃える必要があります。

家具(1万円前後)

寝具 5千円~1万円
テーブル 4千円~7千円

 

家電(10万円前後)

テレビ(32型) 4~6万円
洗濯機(5kg) 3~4万円
冷蔵庫 2~4万円
掃除機 5千円~1万5千円
電子レンジ 5千円~1万5千円
ドライヤー 3千円~1万円

 

その他(1万円前後)

カーテン 3~5千円
バス・トイレ用品 5千円

 

引越し代(10万円前後)

北海道から東京への引越し代ですが、一番安い場合で約5~10万円ほどです。

ただし、引越しは時期によって値段が大幅に変わりますので、10万以上かかることもザラにあります。

引越し代に関するポイントは次の3つ‼

  1. できる限り物を少なくしましょう‼
  2. 早めに申し込みをしましょう‼
  3. まずは見積もりを2、3社ほどとって、その上で検討しましょう‼
上京子ちゃん
引越し業者さんによって、本当にお値段が違うんです‼私の同僚も、地方から都会に引っ越す際、同じ荷物量なのに30万ほど開きがあったようです・・・ここで損をするのは非常にもったいないですよね。

生活費(5万円前後/月)

  • 光熱費
  • 水道代
  • 食費
  • 携帯代

生活していく上で避けられないのが、上記に挙げられる生活費。

引っ越し直後はなにかと物を買い足したりすることが多いので、お金は余分に用意しておくと良いですね。目安としては3ヶ月分くらいです。

移動費(12万円前後)

忘れがちなのが、実際に引っ越すときの交通費(片道分)、家探しの際の交通費(往復分)です。

北海道↔東京間だと飛行機利用になるかと思いますが、こちらも早めにチケットをとっておくのがベターです。

キャリアによって値段は違いますが、普通運賃でJAL、ANAだと片道4万円前後です。LCC利用の場合は、片道2~3万円前後。
早めに購入することで、早期割引となりなんと片道1万円を切るときもあるようです。

まとめ

  • 家賃・初期費用:35万円
  • 家具・家電:15万円
  • 引っ越し代:10万円
  • 生活費:5万円
  • 移動費:12万円

北海道から上京するときに必要な貯金額は、
約77万円となります。

今回は、家具・家電などは新規購入の場合での算出でしたので、中古品で買えるものは買い、実家から貰えるものは買わずに持っていくなどの調整次第では、ぐんと安く抑えることもできます。

一番、値段の変動が大きいのが引越し代飛行機代
早めの予約・申し込みをすることと、引越しについては極力物を減らすことがポイントです。

憧れの東京ライフに向けて、貯金に励んでいきましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です