上京する時仕事が先か住居が先か、どっち!?ズバリ正解と準備の進め方

やっぱり今の生活は物足りないからと上京を決意したあなた!

先に仕事を決めたほうがいいの?
住む家を確保してから東京で転職活動をしたほうがいいの?

その悩み、ズバリ解決します!!

仕事が先か、住居が先かの正解とその理由、上京に向けてどうやって動いていったらいいかまでを一気に紹介します。

選択を間違って時間もお金も無駄になったなんてことにならないように、しっかり準備していきましょう!!!

スポンサーリンク

ズバリ!!○○を先に決めるのが正解!!

はっきり言いましょう!!

仕事か住居か、それはずばり、仕事を決めるのが先!!

やはり、新生活を始めるとなると必要になってくるのがお金です…
それも、東京は物価も高く、仕事もなく先に上京するのは危険です><

東京の家賃は、ワンルームでさえ5万~10万円ほどにもなってきます。また、必要なのは家賃だけではなく、敷金・礼金・仲介手数料・引越し費用などなど…初期費用だけでウン十万円にもなってきます。

また、勤務先が決まっていない場合、賃貸の審査に落ちてしまって、そもそも部屋を借りられない場合も…

仕事を先に決めることのメリット

  1. 上京する理由を親や周りの人達に納得してもらいやすい。
    →やはり親の理解がないと、気持ちもなんとなくモヤモヤしちゃいますよね…
  2. お金が足りなくなるリスクも少なく、精神的にも余裕ができる。
    →とりあえず、食いつなぐためにアルバイト…なんて感じで上京の目的を見失うなんてことも…
  3. 会社の場所によって住む場所を選ぶことができる。
    →東京の通勤ラッシュはひどいです><仕事を決めてから家探しをすると近くで探すことができますよね^^

仕事を先に決めることへのデメリット

あるんかい!とツッコミが入りそうですが(笑)こちらはデメリットというよりは、仕事を決める際に、地方在住だと不便だな、と感じてしまうかもしれない点です。

  1. 現職でまとまった休みを取りづらく、転職活動がしにくい
    →移動を考えると面接に行くにもまとまって休みが必要になってくる場合が多い。
  2. 交通費がかかる
    →飛行機や新幹線って高いですもんね><それを面接の度何往復も、となると…

しかし、ここで述べたデメリット(不便なこと)は、ある方法を使えば解消できるのです!!

頼りになるのは転職エージェント

そうです!!みなさんご存知転職エージェントです。

転職エージェントの特徴は、

  • 利用料が無料
  • 自分にあった企業を探してくれる
  • 一般に非公開の他では手に入らない求人に出会える
  • 書類審査、面接の通過率を上げてくれる
  • 給料交渉や面接のスケジューリングを代行してくれる
  • 不安になったら相談に乗ってくれる

などなど、至れりつくせり!!

また、エージェントしか知りえない、面接官の好みの人材を教えてもらえたりすることも。

「一般的に、地方在住者は理由がないと採用しない」そうなんですが、エージェントを使うことで、「地方にこんな優秀な人材がいるんですよ」と直接売り込んでもらえるので、自分ひとりで転職活動をするよりもずっと有利です!!

スポンサーリンク

あなたにオススメのエージェントはこれだ!!

そうは言っても転職エージェントも色々…選ぶのは難しいですよね><

転職エージェントもビジネスなので、質が悪いところもあるのは事実…あなたの意向に合わない内定の出やすい企業を強引に勧めて来るなんてことも中にはあるようです。

そのため、どこも利用料は無料なので、とりあえずいくつか登録してみて、自分に合うエージェントを見つけてみてくださいね^^

ここでいくつかオススメエージェントをご紹介☆彡

リクルートエージェント


リクルートエージェント

  • 20代から60歳以上までサポートできるノウハウ。
  • 業界最王手で、未経験からキャリア採用まで幅広い。
  • 10万件以上(業界最大)の非公開求人を扱う。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

  • 20代や第二新卒に幅広い支持。初めての転職をサポートするキャリアアドバイザー在籍。
  • 優良な中小企業案件が多い
  • ITに強く、IT業界専任キャリアアドバイザーが在籍。

パソナキャリア


パソナキャリア

  • 年齢やポジションは問わない。女性の転職に強い。
  • 案件は他に比べると多くはないが、キャリアアドバイザーと人事担当のコネクションが強い。
  • 電話やメールへのレスポンスが早い。

JACリクルートメント


JACリクルートメント

  • 35歳以上のハイクラス向けが多い
  • 外資系に強く、ネイティブスピーカーによる、英文レジュメ作成のアドバイスにも定評アリ。
  • 業界特化のコンサルタントが多く在籍。
るい先生
エージェントによって特色は様々。また、各エージェントに非公開求人があるので、いくつか登録しておくことでいろんな求人と出会うことができますね^^

上京専門のオススメのエージェントが!!


Tokyo Dive

そうそう、あなたは上京するのに、仕事が先か住居が先か迷っていたんでしたよね??

ぴったりのエージェントがあるんです!!!

それが、Tokyo Diveです!!!

Tokyo Diveならなんと、仕事と住まいを同時に紹介してもらえるんです!!!
住まいに至っては、初期費用0でさらに家賃補助も3万円出るということ!!

ただし、33歳までの年齢制限があるのでご注意を。。。

しかし、お金がないけど、東京に出たい!と思っている若者には最高のサービスですよね!!!

取り扱いのある職種としては、

  • 美容・アパレル店のスタッフ
  • コールセンター業務
  • ホテル・レストランのスタッフ
  • ケータイショップの接客・販売
  • 一般事務職
  • IT関連の仕事

などなど、未経験でもできる職種も多いです。

利用者の体験談をご紹介

サービスが凄すぎてなんか怪しい…

私も初めはそう思っちゃいました(笑)

でもきちんとした会社なので安心してください!!ここでいくつか利用者の体験談を紹介しちゃいます。

・宮崎県出身28歳女性

何もわからない私に、とても親切丁寧に、仕事から住まいの事まで相談に乗ってくださり、とても安心したのを覚えています。
また現在の会社に正社員として務めるようになってからも、連絡を下さり気にかけてくれています。
懇親会なども開催しており友達を作る機会も設けてくれています。
本当にアプリさん(※TOKYO DIVEの運営会社名)と出逢えて良かったと心から思っています!
上京したいと思っているのなら、アプリさんに任せれば必ず上手く行くと思います!
こんなに良心的な会社はなかなか無いと思います!

懇親会まで!!ひとり寂しく上京しても、同じように地方から出てきた仲間と交流を持てるのは心強いですね^^

・コールセンターで働き始めた女性

「きっかけを与えてもらえてよかった。それがなければ、自分一人で東京に出てくることはなかった。」とのこと。きっかけって大事ですよね。

「住まいを用意してもらっているのがすごく大きい。まぁ仕事は採用してくれるところで働ければいいなと思っていた」とのことで、この不安な気持ち、よく分かります。

地名・電車の路線・駅など右も左も分からない状態で住まいを紹介してもらえるのはとても安心できますよね。

地理や家賃の相場もよくわからないままだと、仕事を決めたあとに部屋を探すのも一人では不安ですよね><mat一緒にサポートしてもらえるのは本当にありがたいですね^^

そして、公式ツイッターも@tokyo_diveもあります。

自社のシェアハウスなどもあるようで、最初はシェアハウス等を利用してみるのも、全てひとりでよりは安心かも知れないですね!!

まとめ

  • 上京する時に仕事と住居、先に決めるのは断然仕事!!
  • 転職エージェントを使って自分に合った仕事を。
  • Tokyo Diveで仕事も住まいも一緒に決めちゃう手もアリ!!

夢いっぱいの上京。

上京してからお金が足りなくなったり、仕事が決まらないなんてことになったらせっかくの上京が悲しいものになってしまいます><

地元にいるときからしっかりと仕事を決めて、その後住居を探すか、仕事も住居もまとめてプロのサポートを受けて、自分のやりたいことをしっかり貫けるように、準備万端で上京しましょ!!

あなたの夢見る東京生活は目の前です!!!

スポンサーリンク