上京したい!!親を説得して憧れの大学へ行くための4つのポイント

「東京の大学に進学したい‼」と思っているあなた‼
上京願望はあるけれど、どうやって親を説得すればいいか悩んでいませんか?

ただ単に「東京に行きたいから」という理由ではなかなか親は納得してくれないでしょう。

じゃあいったいどうやって説得すればいいの?!
親を説得するためのポイントをおさえて、夢の東京行きをきめちゃいましょ★

スポンサーリンク

親が反対する理由は?

「上京したい‼」と言い出して、すぐにOKする親はなかなかいないと思います。
親だから子どもの夢は応援してあげたいもの。

でも、親だからこそ反対する理由もあったりするんです。
まずはその理由を探ってみましょう‼

金銭的な問題

ただでさえお金がかかる大学進学。
そのうえ地元を離れて上京するとなると、住むところもいりますよね。

家賃に生活費にいったいいくら仕送りすればいいのやら・・・。
できれば自宅から通える範囲で通ってほしいというのが本音だったりします。

東京に良いイメージがない

あなたにとって東京はどんなイメージですか?
キラキラしていて、都会で、情報の発信地‼
きっとそんなプラスのイメージですよね。

親にとってはどうでしょう?
東京の若者の街頭インタビューや渋谷のハロウィンのニュースなどにより、チャラチャラしている、危ない、そんなマイナスイメージをもった人が多いんです。

心配

今まで家でいた我が子が、自分で料理を作って洗濯をして・・・、自分一人で生活していくことがちゃんとできるだろうか?

遊ぶばっかりしないでちゃんと勉強できるのか?
目に届かないところにいるので、どうしても心配してしまう気持ちがあるんです。

寂しい

東京の大学に行くと、地元には帰ってこないなんてよく言われます。
そのまま東京で就職し、もう帰って来ないんじゃないか・・・。
そう考えるとどうしても寂しいという思いが強い親もいます。

本気かどうか試している

一度反対してみて、本気で上京したいと言っているのかを試している場合もあります。
ちょっと反対されたくらいですぐにやめるような軽い気持ちなら、上京したって失敗するのが目に見えますからね。

親を説得するためのポイント

自分のやりたいことをしっかりと決める

「東京の大学ならどこでもいいや~」というのではなく、「○○大学△△学部に行きたい」と具体的に決めましょう。

そして、なぜそこでなくてはダメなのかを説明できるようにしましょう。

例えば・・・
同じ経済学部であっても、地元の大学とはどこが違い、そこでは何を学べるのかを説明する
考古学の権威と言われる○○大学の教授から直接学びたいとアピールする
など‼

熱意もしっかり伝えるといいですね‼

金銭面で親だけに負担させないことを伝える

お小遣いを少しずつ貯めたり、少しバイトをしたりしてお金を貯めて、金銭的での頑張りを見せることが大切です。

上京してからもバイトをして、100%親負担にするんじゃないことをアピールしましょう。
もちろん、バイトばかりして勉強に支障がでるほどはNGです‼

また、奨学金のことを話してみるのも良いです。
最近は東京の私立の大学だと3~5割の学生が奨学金をもらっていると言われています。
奨学金をもらってまで行きたいという熱い意思いを伝えましょう‼

期間を決める

寂しがる親に対しては、大学に行く4年間だけなどと決めて、地元にもどってくることを提案してみましょう。
4年間くらいなら…と納得してくれるかもしれません。

諦めずに何度も何度も説得する

「何を言ってもダメだから‼」なんて言われても、何度も何度も説得しましょう。
「勘当されてでも行く‼」と言えるくらい
こちらの本気を見せつけて、最後に親に根負けさせてしまいましょう‼

スポンサーリンク

みんなの経験談

ヤフー!知恵袋や教えてgooを見ると、あなたと同じように悩んでいる人がいっぱいです。
その中からみんなの経験談を紹介してみます。

観光業につきたく、人の集まる東京で仕事がしたいこと、地元からでの就活は東京に何度も足を運べずに不利になってしまうこと、就職の幅を広げるためにも東京の大学に通って就活ができるのが理想であることを伝えました。一人娘ということもあり、最初は反対されましたが、最後はわたしの夢を応援してくれ、上京できることになりました。

このように、自分のやりたいことがはっきりと決まっている人は説得しやすいですね‼
親としては子どもがやりたいことを見つけてくれるのは本当は嬉しいことですから。

東京の私学を志望してましたが、金銭的に反対されました。住むところは学生寮でもいい。引っ越し費用、生活費がいくらかかるか計算しました。そして、機奨学金がいくら、バイトをして月いくらというのを全部計算し、それで足りない分は貸してください、と頭をさげました、さすがに親も根負けして、認めてくれました。

金銭面で反対された人の経験談です。
細かく計算して、そこまでしていきたい‼という熱い思いが伝わってきますね。

親に行きたい大学にを反対されました。結局親の勧めた大学に行き、28になりましたが、未だ心の隅でドロドロしてます。

中にはこんな悲しい経験をした人も・・・。

この人は上京したかったけれど親からの反対に折れて、親の勧めた地元の大学に進学したそうです。
この人の感じているドロドロとは「何であの時親を説得しなかったんだろう」「自分の行きたい大学に行けていたらどうなっていただろう」きっとそんな思いでしょう。

みなさんも後悔したいですか?
後々ずーっと後悔するなら、今頑張って親を説得しちゃいましょう‼

まとめ

親が上京を反対する理由として

  • 金銭的や問題
  • 東京に対するマイナスイメージがある
  • 一人でやっていけるのか心配
  • 寂しい

っといった理由からです。
子どもを思うがあまり、反対してしまう親が多いんですね。

そんな親を説得するためには

  • 自分のやりたいことを具体的に決める
  • 金銭面で親だけに負担させないことを伝える
  • 上京する期間を決める
  • 諦めずに何度も何度も説得する

これらのことを試してみましょう‼
諦めたらそこで試合終了です‼

親に言いくるめられて諦め、大きくなってから「あの時上京してたら…」なんて後悔したいですか?
それとも、親と何度もぶつかり合いながらも諦めずに説得し、上京の夢を叶える
のがいいですか?

一度きりの自分の人生、後悔しないような選択をしてくださいね★

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。