成功させよう!「転職」それはまさに「人生のターニングポイント」

【転職】を考える時って、どんな時でしょう。

「同僚や先輩、後輩とうまくいかなかった」と言った《人間関係》
「自分がやりたかったことと違った」など、《仕事内容》
「忙しすぎて自分が時間が取れない」、「給与が安すぎる」みたいな《希望待遇との相違》…etc

まぁ人それぞれ理由はあるでしょう。
そこで一歩前に踏み出し、<転職>を選ぶと言うことは、
「人生の転機」まさにターニングポイントですよね。

あとで【あのきっかけがあったからこそ】と言えるような転職には、
一体なにが必要なのか、ご紹介しましょう。

スポンサーリンク

今後、どうしたいのか考えてみる

人間関係

自分なりに頑張ってはみたけど、《人間関係》がうまくいかず、転職を考えた場合。
職場って家族よりも多くの時間を過ごす場所ですからね、
合わなくて体調を崩すくらいなら転職するのも良いでしょう。

でも次の職場でもまた新たな人間関係は生まれます。
コミュニケーション力を磨かないと、いつまでもこれで逃げることになるのでは?
【新しい職場=新たな人・世界との出会い】とでも考えてみましょう。

仕事内容

この世界、職業なんてものは星の数ほどあります。
だからこそ、自分に合う仕事をはじめから見つけるのは難しい。
それで「お金のため…」とか、自分なりの理由を見つけて働いているのでしょう。

でも長いようで短い人生、今とは別の世界に一歩踏み出すのも楽しいものですよ。
最近は終身雇用なんてものは崩壊しつつありますしね。

ようは一歩踏み出す勇気を持てるか、
新しい世界で生き生きとしてる自分を想像できるか…じゃないですかね。

希望待遇との相違

一日は24時間、これは誰でも同じ。
それならより充実感を感じる仕事をしたいですよね。

でも感じ方は本当に人それぞれだから難しい!!
そして目の前にはたくさんの選択肢があります。
転職を逃げるための材料ではなく、ステップアップするためのものと考えましょう。

余談ですが、子供の頃と大人になってからとで1年の長さが違うと感じるのは、
「人生にトキメキがなくなったから」だそうです。(某番組より)

転職時期

グローバル化なんて言葉を耳にするようになってきましたが、
日本ではまだまだ「年度」4月から始まり3月で終わるのが一般的ですよね。
ですから転職活動を始めるなら年明けから!! 実際、募集件数も断然この時期が多いです。

ただし、失業給付を受けることを考えると、
「被保険者であった期間が、5年以上10年未満で給付日数が90日、10年以上20年未満で120日」
なんてものがあります。
この区切り前後で退職を考えている人は、要注意ですよ!!

スポンサーリンク

転職年齢

20代前半

【入社してすぐ】ですね。
「やり直すなら早い方がいい」とも言えますが、学生時代とは違う新しい経験や失敗をたくさんする時期。
それを乗り越えるまで粘り強く取り組めない、つまり我慢ができない人と企業に見られる可能性が高くなります。
企業に「入社してもすぐに辞めてしまうのでは…」と思われるのがオチです。
石の上にも3年ですよ。

20代後半

一般的なビジネスマナーを身に着け始めた時期。
これまでの業種でステップアップするのもありだし、新しい業種にチャレンジするのもありかと。
自分のキャリアデザインを見つめ直す、いい時期でしょう。

30代前半

20代までとは違い、即戦力が求められます。
企業側は「入社後すぐに活躍してくれる人材を採用したい」と考えています。
「前職での実績」や「どんなスキルを身に付けてきたか」と言ったアピールポイントが重要になります。

30代後半

35歳を過ぎると、ほとんどの場合「管理職」や「管理職候補」としての募集です。
実践力に加え、マネジメント力が大切になってくる年代なのです。
35歳以降の転職は、求められるスキルレベルが上がるため、決して簡単ではないと言えるでしょう。

まとめ

好き勝手に書いてきましたが(笑)
ターニングポイントって、結局あとから気づくものなんだと思います。
でも作るのは自分自身じゃないんですかね。
転職と言う選択肢を選ぶのなら

  • 転職して、今とどう変えたいのかを考える
  • タイミングをはかる

決断するのは、自分自身です。
「決めたものを正解にする」という覚悟をもち、とにかく前に突き進んでもらいたいです。
今度こそ、「天職」と呼べるものに出会うために。
成功を祈ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です