女性の人生の転機が訪れる年齢はいつ?後悔しないたった1つの方法を解説!

人生の転機がいつ訪れるのか?
人生の転機を知ることが出来れば悔いのない人生を送れる?
そうであるなら「ぜひ、知りたい!!」と私も思います。

一般的には

  • 進学
  • 就職(転職)
  • 結婚
  • 出産(育児)
  • 住宅購入
  • 50代親の介護
  • 60代老後

など人生の節目・大きな決断をするときが人生の転機といってよいでしょう。

進学や就職もこれからの人生にとって大きな転機を迎えると言えますが
女性にとっては
結婚・出産がもっとも大きな人生の転機となるのではないでしょうか?

大きな人生の転機を迎えた時、頭を悩ませるのは仕事の事だと思います。
そんなあなたに結婚・出産・育児における人生の転機を知って
後悔しない人生の送り方を教えます。

スポンサーリンク

人生の転機(結婚・出産)

結婚することが決まってうれしい気持でいっぱいのあなた。

でも、

  • 仕事もようやく楽しくなってきた
  • いろいろまかせてもらえるようになったからこのまま仕事を続けたい。

こんな風に考える年齢ではないでしょうか。

ひと昔まえは25歳をすぎて結婚していないと行き遅れといわれ、
まだ結婚しないのか?いつ結婚するんだ?なんて言われたものですが
最近では共働きの家庭も増え、結婚する年齢も上がっています。

初婚ー夫 初婚ー妻
1980 27.8 25.2
1990 28.4 25.9
2010 30.5 28.8
2011 30.7 29
2012 30.8 29.2
2013 30.9 29.3
2014 31.1 29.4
2015 31.1 29.4
2016 31.1 29.4
2017 31.1 29.4

政府統計の総合窓口e-statより引用

厚生労働省がまとめている『人口動態統計』で、女性の平均結婚年齢は2017年度は男性初婚31.1歳・女性29.4歳です。
1980年代では24歳25歳が結婚平均年齢でしたのでこの30年~40年で平均年齢は4歳~5歳上がりました。

時代の流れで平均結婚年齢も変化することを考えると、年齢で人生の転機を考える必要はなく、ライフスタイルの変化と仕事の変化が重なるときが人生の転機を迎えるときと考えていいのではないでしょうか?

仕事について

近年、結婚してもお仕事を続ける人が多くなっています。そのまま働き続けることができればいいのですが、配偶者となる方が離れて暮らしている場合はいったん仕事を辞めないといけない可能性もあります。

寿退社はとっても魅力的です。
もちろん、私もあこがれました。あこがれに終わりましたが・・・。

一旦寿退社して、転職するという方法もありますが
私はあまりお勧めしません。

なぜならば、結婚までに働いてきたキャリアを捨てることになります。
そして新しい会社で一から積み上げないといけないのです。

  • 体力的・精神的にキツイ
  • お給料もダウンする場合が多い

新しい生活が始まり希望でワクワクしますが、意識していないだけでストレスはかかっています。
そんな中、新しい仕事を始める・挑戦することは辞めたほうがいいと思います。

はらこ
新婚だと甘い結婚生活を夢見がちですが、そんなに甘いもんでもありません。
今まで離れて暮らしていた赤の他人が一緒に暮らすので、いろいろあります。
相手に良く思われたいと思って無理して頑張っちゃって疲れます。

旦那様の為に頑張れる!!って思っても無理はダメです。
旦那様の事を思うのなら、しっかりと話し合ってお互いに無理しないライフワークバランスを考えた仕事の仕方を考えましょう。

子どもについて

子どもは授かりものといいますが、転職してすぐに妊娠・出産で産休・育休を取得するとなると周りから厳しい目でみられてしまい働きにくいと感じてしまうこともあるかもしれません。

育休から復帰しても、ご両親や旦那様の協力が得られればいいのですが、小さいうちは何かとお迎え連絡がきます。

はらこ
風邪が流行る季節は、治ったと思ってもまた風邪をひいたりして、月の半分くらい保育園をお休みした時もありました。

転職する、しないにかかわらず、子育てしながらお仕事をすることを考えている方は、

  • ご両親や旦那様に協力してもらう
  • 保育園の待機状況なども調べたうえで新居を選ぶ

など、子育てしながら仕事をする環境を整えましょう。

もちろん、旦那様のお給料で十分生活費を賄うことができて「自分のお小遣いを稼ぐ程度に働ければよい」という、とってもうらやましい環境の方は、ライフスタイルにあったお仕事を選びましょう。

転職・引っ越しについて

結婚してそのまま地元で生活ができる人ばかりではないかもしれません。
遠距離でお付き合いしていた場合、どちらかの住む地域で新しい生活を送ることになります。
転勤があるお仕事の場合、旦那様と一緒に転勤に伴う引っ越しをすることになるでしょう。

地方から上京

子どもがいないうちは働きたいと考えていても、上京して就職先をみつけるのは不安に思うかもしれません。でも、転職エージェントなどを利用すればいろいろサポートしてくれるので安心です。

結婚前に思い切って上京してやっていけるか試してみるのもいいかもしれません。
上京して働きたい人を応援しいている『Tokyo Dive』がありますので、参考にしてみてください。

『東京ダイブ』を徹底解説!評判や口コミ、 メリット、デメリットは?

2019年2月21日

地方へ引っ越し

都会から地方へお嫁にいく場合は仕事を探すのは少し苦労するかもしれません。
田舎には仕事が少ないので、自分がやりたい仕事を見つけることが困難です。

現在お勤めのお仕事が遠隔地でもできそうなものなら、会社と交渉してみましょう。
また、あなたが各地に支店・営業所があるような会社にお勤めでしたら転勤願を提出してみるといいかもしれません。

モノづくり的な趣味があると、ネットで販売することもできますね。
blogやSNSなどのライティングの仕事はパソコンとインターネット環境があれば、どこでも仕事ができます。

希望する仕事ができる会社を見つけることは困難かもしれませんが、働き方を変えれば希望の仕事ができる可能性もありますので、いろいろ挑戦してみましょう。

働く女性のための制度

結婚・出産・育児をしながら働く女性のための制度も整っており
出産・育児には産休・育休の制度や時短勤務制度が有る会社もあります。
就業規則を確認してみましょう。

産休とは
労働基準法で定められている産前6週間(多胎の場合は14週間)産後は出産の翌日から8週間の休業期間のこと
厚生労働省HPより引用
育児休業とは
原則1歳に満たない子を養育する男女労働者のための休業期間のことですが、取得には条件があります。
  • 日々雇い入れられるものは除かれます。
  • 同一の事業者に1年以上雇用されていること
  • 子が1歳6か月に達する日までに労働契約の期間が満了することが明らかでないこと
  • 労使協定で定められた一定の労働者も育児休業をすることができません

厚生労働省HPより引用

スポンサーリンク

まとめ

結婚・出産は女性にとって人生の転機を迎える最大のイベントとなります。
現代では共働き家庭が増え男性も家事・育児をして分担していくのが当たり前の時代となっているので、女性だけでなく男性にも結婚・出産が人生の転機となるでしょう。

もちろん、それぞれ家庭の事情が違います。
家庭と仕事の両立をしていくための仕事選び、住まい選びが今後の人生において重要になってくるのではないでしょうか?

人生の転機は人によってさまざまです。
年齢で区別することはできません。
いい事ではありませんが事故や病気で人生の転機を迎えることもあります。

大きな決断をするときが人生の転機といえます。

その時は今が人生の転機だと思って決断する人ってそうそういないと思います。
振り返ってみてそういわれればあの時が人生の転機だったかも?と思うのではないでしょうか?

振り返ったとき、いい人生の転機が迎えられた!と思うことが出来るように
人生の転機の年齢やいつが転機なのか?意識しないで
その時その時の最善の選択をしよう!!

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。