男性の転職のきっかけや転機はいつ?年齢やタイミングは?

転職希望者にとって、どのタイミングで転職に踏み切るかは大きな悩みどころです。
どうせ転職活動を始めるなら、人材価値が高く評価される時期に移りたいもの。
では、いつか転職に適している年齢なのかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

転職に踏み出すタイミング

「今の会社ではキャリアに限界がきた」「仕事をやりきった」と感じたときが、
キャリアアップを目指す転職に向けて動き出すベストタイミングと言えます。

採用企業が面接時などで気になるのは、入社者が前職で
「どんな経験を積み、どのようなスキル・知識を持っているのか」ということ。

  • 「目指すキャリア」
  • 「その実現のために取り組んできたこと」
  • 「転職後に身に付けたチカラをどう発揮してくれるのか」

を具体的に知りたいと考えています。
現職では自分の理想とするキャリアに限界を感じ、その続きを次の会社で歩みたい
という転職ですから、採用企業も好意的に受け止めてくれるでしょう。

逆の捉え方をすると、キャリア形成や仕事が中途半端の状態では、
まだ転職のタイミングではないと言えるでしょう。

大切なのは「今の会社ではやりきった」と、エピソードを交えて語れるかどうか
もしも、あなたがキャリアアップを目的とする転職を目指しているとしたら
「自分はどんなキャリア形成をしたいか」「そのためにやったことは何か」
をいま一度振り返ってみることをお勧めします。

「まだまだ今の会社でやれることがあるな」と感じたらそれを成し遂げてからでも
ぜんぜん遅い転職のタイミングではありませんよ!

転職するにあたって資格の有無は重要?

資格を取ってからのタイミングで転職活動をするほうが、有利になる。
これは、半分正解で半分不正解と言えるでしょう。

やみくもに資格を取得しても、効力を発揮しないこともあるからです。
やはり企業は、募集職種に対応した資格を持つ方に魅力を感じます。
例えば…。

  • 経理募集の求人に対して →日商簿記
  • 海外営業の求人に対して →TOEIC
  • 不動産営業の求人に対して→宅地建物取引主任者(宅建)
  • 貿易事務に求人に対して → 通関士
  • 秘書  の求人に対して →秘書検定

 

など、実務に紐付く資格が評価の対象になることが多いようです。
極端な話ですが、経理募集なのに「日商簿記」ではなく「通関士」の資格だけが
履歴書に書かれていたら、採用担当は「経理ではなく、貿易事務に転職したほうがいいのでは?

と感じてしまうでしょう。資格を強みに転職をするなら、
採用企業の実務につながる資格を取得してからが、そのタイミングとなるのです。

ただひとつ注意するべきは、資格さえあれば転職は万事OK!
…とはならないこと。仕事をする上で、求められる“実務スキル”というのがあるものです。

コミュニケーション能力や仕事をやり切るチカラなど、
採用企業が求めるスキルをアピールすることが先。
それができれば、資格が有利に働くでしょう。

スポンサーリンク

結婚後に転職するのはNG?

そんなことはありません!
男性にとっても、結婚・育児といったライフイベントは転職を考えるタイミングです。

夜勤の仕事をしている、残業が多いという働き方だから
家族との時間をとれる職場に転職したい!子どもが産まれたときのことを考えると
今よりも高い給与を目指せる会社で働きたい!
などの理由で転職をする方もいらっしゃいます。

男性の場合も、ベストなタイミングを見極めるために
パートナーとの相談から始めることをお勧めします。

例えば、転職先では初任給が下がるリスクもあります。
残業が短くなっても、お子さんが産まれるまでに家計を支えられる
給与にアップしていなければ、収入の問題がチラつくことに。

出産予定時期の1年以上前から、計画的に転職のタイミングを検討するのが
ベストと言えそうです。

転職の転機といえる年齢は?

25歳での転職

新卒入社から3年間の勤務を経過する頃です。
最近の転職市場では、20代の若手を採用する意欲の高い企業も多数。
同業界・異業界を問わず、転職しやすいタイミングです。

企業はどのようなタイプの人材を求めるのでしょうか。
25歳は社会人としてはまだ経験が浅いため、
企業は“ポテンシャル採用”という位置づけで採用活動を実施。

即戦力ではなく、将来の活躍を期待しています。
具体的に求めることは、「基本的なビジネススキル」「ガマン強さ」といったあたりがベースです。

これらから発展して、「先の仕事を想定して、自ら動ける、上司・先輩に質問できる」「仕事を作業ではなく、目的を持って取り組める」などの“仕事・成長への意欲”に期待する傾向があります。

これまでのキャリアを継続するのもアリ
新しいキャリアにチャレンジするのもOK

可能性に満ちた転職のタイミングですから
あなたが目指したいキャリアを見つめ直すいい機会とも言えるでしょう。

30代前半の転職

20代までとは違い、即戦力性が求められる傾向にあります。
多くの採用企業は、入社後すぐにプレイヤーとして活躍してくれる人材を採用したい
というスタンスです。

20代が中心となるスタートアップ企業では
若手を牽引する役割が期待されることもあるでしょう。

一定のパフォーマンスが求められるので、
前職での実績とどんなスキルを身に付けたかという点が
転職において重要になってくるタイミングなのです。

30代前半になったときに転職という選択肢を持つためにも、
20代の頃から実績を作ることを意識することをお勧めします。

もしも「実績なんてないな…」とお悩みの方も、
自身が仕事でやってきたことを棚卸ししてみてください。
大きな成果はなくても、ビジネスパーソンとしての今のあなたを
カタチ作った成果がきっとあるはずです。

それでも見つからないという場合は、
自信を持って語れる実績を作ってからでも、転職のタイミングとしては遅くありません。

まとめ

人生の転機とも言える転職ですが
タイミング、時期、年齢十人十色ですね。

また転職する年齢によって企業側から求められる
ことが変わってきますので注意しておきたいことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です