《女性版》人生の転機っていつ訪れるのかなぁ…年齢や前兆をご紹介

<人生の転機>っていつだと思います?
進学や就職…結婚に出産なんてものもありますね。
「女性の節目年齢は7年周期」なんて言葉を耳にしたことも。

長いようで短い人生、「転機」「好機」にするには、一体何が必要なのか、一緒に探ってみましょう。

これを読むことで、人生の転機にあらかじめ気づけるようになり、スムーズに人生の転機を好機にすることができるようになるはずです。

スポンサーリンク

女性の体の変化

東洋医学の教科書とも言われる「黄帝内経(こうていだいけい)」には「女性は7の倍数」の年齢に節目を迎え、体に変化が訪れるという記述が。

この黄帝内経は、なんと今から2千年も前に書かれた書物で、東洋医学の思想や養生、つまり生活の仕方が説かれており、「腎気(じんき)※」から見た体の年齢変化として、女性は7歳から49歳までを7年周期であらわしたライフサイクルが記されています。
(※腎気=東洋医学において成長、発育、生殖にかかわるエネルギーのこと。)

7歳:歯が生えかわり、髪が長くなる
14歳:月経が始まって、子を産めるようになる
21歳:体が成熟し、背丈も伸びきる
28歳:筋骨がしっかりし、髪の長さが極まり、身体が盛んになる
35歳:顔の色艶にかげりが出て、髪や頬のハリに衰えが現れる
42歳:顔がやつれ、髪に白いものが混じり始める
49歳:肉体が衰え始め、閉経を迎える

思い当たる点があるのではないでしょうか?

黄帝内経による人の体の変化では、女性は49歳で閉経を迎えるとあります。現代の女性の一般的な閉経年齢も50歳前後でほとんど変わりません。

女性の体が28歳でピークを迎えるという点においても、現代の医学的な認識とほぼ同じで、医学が日進月歩している現代においても、2千年前の体の変化があてはまることが分かります。

人生の転機の前兆・前触れ

人生の転機とは、「人生が変わるきっかけ」です。
あとになって気づくことが多いですが、もし人生の転機が訪れた時の前兆や前触れがわかったら楽ですよね。なにより心構えが出来ますし、ジタバタする時間も少なくて済みます。
のちに多くの人が言っている人生の転機の前兆や前触れを集めてみると…

  • 今までうまくいっていたことが、駄目になる
  • 興味がなくなる
  • 眠くなる

なんだそうです。ようは飽きちゃったってことですね。
眠くなったり、今やっていることに興味がなくなったり、どうしてもうまくいかなくなったら…新しいことを始める転機ではないでしょうか。

今までのことを断舎利して「新しいことにチャレンジ!」といきましょう。現状にいつまでもしがみついていないで、いらないものは捨てて、新しい世界に飛び出してみてはいかがでしょうか。

そのための人生の転機ですから!! 無理してしがみついているから、嫌になってしまうんだってことに気づきましょう。

スポンサーリンク

こんな方法もあります!!!

自分で環境を変えてしまう。
なにか迷っていたり、うまくいかないとか、人生を変えたい…とか思ったら、取り合えず環境を変えてしまいましょう。

結婚、出産、引っ越し、部屋の模様替えなど自分から作り出せる転機もあります。それによってあなたの世界がまた変わることでしょう。

みんなの体験談

参考までに、みんなの体験談について紹介しておきましょう。

・旅行先で偶然知り合った人の会社にヘッドハンティングされ、一か八かで入社したこと。海外の会社だったので、猛勉強して英語が話せるようになり、あの出会いには今でも感謝していること。(女性/48歳)

・独立起業したことにより自由な時間ができたり、いろんな人と出会いサラリーマン時代にはない貴重な体験をすることが多くなった。 人のつながりを作れるようになったことや、従業員の大切さなど成長できたと思うこと。(男性/44歳)

・目指していた職業のスクールを通して、同じ志の人たちと出会えた。大人になってからの友人だったので非常にうれしかった。バックボーンや人柄など、全員が自分よりも上だと思えた人たちだったので勉強になったこと。(女性/46歳)

以上のように、新しいことに挑戦していたり、偶然に起こった人との出会いが、人生の転機となったことが多いようです。

あなたにも人生の転機は必ずやってきます。前兆を感じたら、そのチャンスを逃さないようにしましょう。現状に固執しないで、変わる勇気を持っていれば、きっとうまくいくはずです。

まとめ

今の自分の体と向き合おう

「女性は7の倍数」の年齢に節目を迎え、体に変化が訪れます。

自分の体は「自分が一番よく知っているはず」なのですが、若くて元気だった頃のイメージがいつまでも残っていると、自分の体への過信からつい無理をしてしまい、体調を崩してしまうことがあります。

まずは今の自分の状態を正確に知ることが大切です。

節目年齢は、自分の体をチェックするための目安になります。

ただし、体調や体質が千差万別なら、健康の保ち方や加齢への対処法も人それぞれあって当然です。そこで必要なのが、自分を客観的に見るための<ものさし>なのです。自分のものさしを持てば、自分の体調や気分の変化に敏感になり、変調に素早く対応できることでしょう。

体調が万全じゃないと、新しいことにチャレンジ出来ないですからね。

サインを見逃さないで

一番大切なことは、今にしがみつかないことです。
興味がなくなったことからは一度離れてみる。人生の転機の前兆が目の前に来ていると感じたら、すべてを放り出して、新しいものに目を向けていけば、また新たな人生の幕開けとなるでしょう。

悩む時間が無駄だとは言いませんが、悩んでいると言うことはその時期=転機が来てると言うことに気づいて、早めに一歩踏み出していきましょう。

「思い立ったが吉日」なんて言葉もありますのでね、転機を好機にするチャンスをガッチリとつかんでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です