転職での志望動機の書き方の4つのコツとは?便利な例文もご紹介!!

ここ数年日本でも転職はめずらしいものではなくなってきており、耳にする事も多くなって来ています。

その背景にはインターネットの普及により転職支援サイトや転職エージェントなどさまざまなサービスが配信され、職務経歴書や履歴書がWEB上で登録でき企業側もWEB上に登録された情報を元に書類選考を進められようになっています。

情報取集もインターネットで容易になって来たり、転職活動という意味では、昔に比べると敷居は低くなったのかもしれません。

スポンサーリンク

日本での転職はしやすいのかどうか。

転職に対しての認識は変わりつつあるものの、日本では現在も終身雇用制度が一般的であり、新卒で就職した会社で定年まで働き続けるといった風潮が根強いのが現状です。

転職エージェントに登録しても「新卒で入社した会社には3年以上は在籍していた方がいい」「20代での転職回数は2回までが望ましい」など、アドバイスを受ける事があります。

こういったことからも日本では、転職=一つの会社で長く働けないという風に、まだまだ転職はマイナスイメージなのかもしれません。

海外では収入や福利厚生など待遇面が良い会社が見つかれば仕事が出来る人から率先して転職しています。逆に他に行き場の無い人が職場に対して不満を持ちつつもひとつの会社に留まっているのです。

アメリカでは18歳~46歳までの間に11社以上転職されている方いるぐらいです。

しかし、日本でも転職が難しいかと言われると決してそんな事はありません。たしかに簡単ではありませんが、ごく一部の人だけが出来ることという訳でもないのです。

転職のメリットとデメリット

前述したようにインターネット普及により情報収拾の効率化、転職サービスの多様化で昔より転職しやすい土台ははるかに整っています。

当たり前ですが、転職にはメリットとデメリットが存在します。

転職によるメリットは?

  • 福利厚生の充実
  • 給与の増加(ボーナスなど含む)
  • 労働時間の減少
  • 休暇の増加

など、いま所属している会社より条件が良くなる場合があり、労働環境の改善は何よりのメリットだといえるでしょう。

転職によるデメリットは?

  • 人間関係の再構築
  • 給与の減少
  • 労働時間の増加
  • 業務量
  • 社風があわない

などがあります。

給与や労働時間の増減は経験者か未経験者でも変ってくるので一概に転職先だけで決まるものでもないです。未経験の職種、業界でも給与が上がる場合もあるのです。

メリットとデメリットは十人十色。転職者が転職条件でゆずれる条件、ゆずれない条件きちんと明確化しておけばデメリットが多過ぎて「こんなはずではなかった」というような事は少なくなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

志望動機の4つのコツは?

転職にあたって苦労するのが志望動機です。

志望動機を書く時は

  1. 活かせるスキル(資格、実績など)
  2. 応募企業を選んだ理由
  3. 入社後に実現したい事
  4. 転職を決めた理由

などを明確にしておくと書きやすいです。

例文
不動産会社の営業として、個人向けに賃貸物件の紹介や中古マンション販売の仲介を担当しています。顧客の生活をサポートする仕事にやりがいを感じておりましたが、もっと幅広いニーズに応えたいと考え、注文住宅販売をメインとする貴社の営業職に応募いたしました。賃貸、販売を問わず物件を扱ってきた経験を活かして、ぜひ貴社の事業に貢献したいと考えております。

応募理由、転職を決めた理由、活かせるスキル(この例文の場合は経験)がはっきり書かれています。

未経験の職種、業界に転職する場合

  1. なぜその業種・業界に興味を持ったのか
  2. 未経験をを補う努力
  3. 経験、スキルの共通点
  4. 入社後、どのように活躍したいのか

などを明確にしておきましょう。たったこれだけでも違うです。

例文
貴社の教育制度が何よりしっかりしているという点、そして長期プロジェクトにてしっかりと取り組めるという点に大変魅力を感じました。未経験ということで始めはご迷惑をおかけするかと思いますがしっかりご先輩から学ばしていただき必ずや使える人材に成長します。以前の職種は営業でしたの営業で培ったコミュニケーション能力は入社後、先輩方とのコミュニケーションに活かせると思います。

現在はEclipseを使いながらのJAVAAndroid SDKのプログラミングの勉強で少しでも知識をつけようと励んでおります。よろしくお願い致します。

未経験を補う努力、活かせる経験の共通点などしっかり書かれています。

未経験の職種であってもポイントを抑えれば難しいことはないのです。

まとめ

最初にも記述しましたとおり、日本ではまだまだ転職はメジャーではありません。

しかし、自分の能力を最大限発揮するための転職や、やりたいことが見つかった上での転職などは思いきって一歩を踏み出してみて下さい。人間関係に悩んだ末の転職だって良いんです。身体や心壊してしまう前に一歩を踏み出して下さい。

転職エージェントでは案件の紹介のほかに志望動機、PR文の添削や面接練習などのサービスもあり近年の転職はひとりでするものではなくなって来ています。

やらない後悔よりやる後悔です。チャレンジ出来る環境は整いつつありますので、チャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です