いざ転職!!避けたいブラック企業!個人でできる2つの対策とは?

ブラック企業という言葉が流行り出したのは何時頃からでしょうか?
2013年にはユーキャン流行語大賞にもノミネートされましたね。
一般的に使われるようになったのもこの頃からのような気がします。

入社する会社がブラック企業なのかは新卒でも気になります!もちろん転職でも気になるんです!
ブラック企業に入社してしまわないよう、個人で出来る対策とは?
では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

ブラック企業とは?


これがブラック企業!というのは法的定義はなく、各団体が独自に定義しています。
ブラック企業はインターネットから生まれたもの。ですので労働基準法などで明確に定義されている訳ではありません。

これには少し驚きですね。でも、そんなこと言われても困る!という方へ!
厚生労働相が紹介している”一般的な特徴”をご紹介します。

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 賃金不払や残業、パワーハラスメントの横行など
    企業全体のコンプライアンス意識が低い
  • 上記の様な状況のなかで労働者に対し過度の選別を行う

と、紹介されており一般的に認識されているブラック企業のイメージと共通していることが多いですね!
残業代が支払われなかったり、たとえ残業代を支払ったとしても拘束時間が長過ぎるとブラック企業の特徴。

個人に出来る対策は?


そんな、ブラック企業に入社なんて誰もしたくないと思います!
でもどうやっても調べるの?入社してみないと分からないのでは?面接で聞けないし…
などなど、疑問は出てくると思いますが、今、ブラック企業対策がしやすくなっています。
例えば、離職率ランキングなどを調べると

  • 宿泊業
  • 飲食、サービス業
  • 娯楽業
  • 教育
  • 医療、福祉

など、サービス系の職種が大部分を締めています。
よくよく考えれば年中無休、24時間営業は当たり前の世の中ですし、医療、福祉系の職種もブラック企業と言われやすいのかもしれませんね。

また、低価格競走を強いられやすい職種では賃金も上りにくい状況になりやすいです。
未経験の職種に転職する場合、こういったランキングも参考になりますね!

スポンサーリンク

クチコミサイトを見てみる!


今働いてる人、以前働いていた人たちが口コミを投稿しているサイトがあります。
そのなかでもvorkersは私がオススメのサイトです!

  • とにかくクチコミ量が多い!
  • クチコミが部署別などで見られる!

これは社員または元社員による会社の評価ですので信ぴょう性が高いクチコミが多いんです!
もちろん全てにクチコミに信ぴょう性があるわけではないです…が!他のクチコミサイトに比べると情報量が比ではなので是非一度使って見てください!

他にも、カイシャの評判転職会議も一見の価値ありですのでご参考までにどうぞ。

転職エージェントを利用する!人気エージェント会社3つとは?


転職エージェントへの登録は必須の時代ですよ!
登録しておくだけで求人情報が見られるだけでなく、各会社のこと細かな情報は勿論どんな会社かを求職者目線で教えてくれるのでクチコミサイトと併用してみるといいかもしれないですね!

ここでいくつか人気エージェント会社をご紹介します!

リクナビエージェント

リクナビエージェント
業界NO1といっても過言ではないぐらいの知名度をほこるリクナビエージェント。
転職をする場合は必ず登録しましょう!

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントも有名な転職サービス会社です!
リクナビエージェントとは違う角度からのサービスを展開しておりこちらのエージェントも登録必須です。

DODA

DODA
言わずと知れたDODA(インテリジェンス)
とにかく地方の転職に強いエージェント!都心でも地方でもかなりの求人情報を保有しており、サポート力も業界トップクラスではないでしょうか。

ご参考迄に3社をご紹介しましたが転職をする場合は最低でもこの3社はご登録下さい。
複数登録をする事で可能性はもっとひろがります!そして何よりブラック企業の情報もエージェントに聞くことができるのも最大のメリットです!

まとめ

転職するにあたって個人としてできる対策としては、転職エージェントに登録した上で興味を持った企業のクチコミを調べる!これだけでかなり違ってきますよ!

しかし、インターネットから得られる情報は必ずしも100%ではありません。
興味がある企業があったらまず応募をしてみて面接でその企業の空気感を確認する事もたいせつです。

転職活動で求められるのは行動力も多いに含まれますので、面接をしてもらって、実際に働かれてる社員さんの表情や空気感を見てみることが一番なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。