東京での1人暮らしはシェアハウスで決まり!?個室と家具付きで快適!

東京で一人暮らし!憧れる人も多いのではないでしょうか?
しかし、いざ物件を探してみると家賃が高くてびっくり!なんてこともよく聞きます。

そんな時にうまく活用したいのがシェアハウスです!
シェアハウスでは、家具付きの物件も多く家賃だけでなく引越し費用も安く抑えられることもあるので選択肢の中に入れておいても決して損はないともいますよ!

今回の記事では東京のシェアハウス相場や間取り、など紹介していきますのでご参考にされてください!

スポンサーリンク

東京のひとり暮らしの相場は?

まず、比較してもらいやすいように東京でアパートを借りてひとり暮らしした時の費用の一例をご紹介します。

1ヶ月の費用

項目 大体の予算
家賃 6~7万円
食費 2万8千円
水道代 3千円
電気代 3~8千円
ガス代 3~6千円
電話代 7千円
ネット代 6千円
交際費 2万円
服代 1万5千円
合計 14万5千円~16万3千円

1ヶ月だと17万円あれば生活はなんとかなりそうです。お給料が20万円貯金もできそうですね。
しかし、もちろんこれだけではありません。ここに引っ越し費用が加わります。

一人暮らしの引っ越し費用

主要引っ越し業者の平均がこのぐらいです。

同市区町村内 同都道府県
(車で1時間程度)
県外
(車で1時間半~)
単身パックS 12,000円~ 16,000円~ 26,000円~
単身パックL 17,000円~ 18,000円~ 31,000円~

県外から上京して…となると荷物を少なくして荷造りも自分でしても3万円前後かかってしまいます。
そしてさらに入居費用も加わります。

入居費用

敷金 60,000円
礼金 60,000円
仲介手数料 60,000円
前家賃(4月分) 50,000円
火災保険料 20,000円
鍵交換費用 16,200円
家具家電 100,000円
合計 366,200円

エイブルエージェントしらべ

敷金礼金が必要ないとこもありますが、住みたい物件が敷金礼金0円であるとは限りません。
ですので今回は費用として計算します。

買い揃える家具にもよりますがなかなかの出費ですね。
30〜40万円強は予算が必要です。

シェアハウスの費用は?

さてここからが本題です!シェアハウスではどうなのか?

家賃

家賃は2〜6万円が多いです。23区内でもです。

これは非常に魅力的ですよね!
賃貸で23区内に住もうと思ったらそりゃ大変ですよ。
お給料が多いならいいかもしれませんが、20代でとなると結構頑張らないといけません。

2〜3万円台では相部屋です。相部屋なのでこの金額で借りることができます。
4〜6万円台では個室となりますのでこちらの個室タイプを狙っていくといいですね。
やはり相部屋だと相手方に気を使いますし、トラブルも起きやすいです。

4〜6万円なら賃貸でも…と思ったあなた!
ここからです!

共益費

共益費とは電気代、ガス代、水道代などが含まれます。
相場としては1万円前後のところが多いですね。
家賃と合わせても5〜7万円です。賃貸なら家賃だけで吹っ飛んでいく金額です。

家具

シェアハウスでは家具付きの物件が多く存在しており転居をする際に家具を新調する必要がない場合が多いです。ここも大きなポイントですよね!
もちろん各部屋にエアコンは常設されています。家電は共用エリアにありますのでこちらも買う必要はないですね。

スポンサーリンク

シェアハウスのデメリット

シェアハウスはメリットがたくさんありますが、もちろんメリットばかりはありません。
デメリットも存在します。

苦手な人と一緒に住むこともある

不特定多数の人が集まって共同生活をするわけですから、気の合う人ばかりというわけにはいきません。苦手なタイプの人と部屋が近かったりすると、それだけで顔を合わせる機会も増えそうです。入居の際は、いろんな人がいるという意識を持っていったほうが賢明です。

夜中まで騒がしいこともある

平日は比較的静かなものの、週末ともなると昼夜逆転し朝まで盛り上がる人達は少なからず出てきます。一人暮らし同様、生活するうえで騒音は一番に挙がる問題。静かな夜を望むなら、ほかの候補も考えてみるべきでしょう。

共有部が汚れていることがある

キッチンやお風呂、トイレなどの共有部分は不特定多数が繰り返し使用するためどうしても汚れやすいです。週に何度か外部から清掃業者が入るところもありますが、きれい好きな人にとっては過ごしにくいこともあるかもしれません。

一人になりづらい

いかにパーティー好きとはいえ、たまには1人になりたい時もあるでしょう。でも、お風呂に行こうと自室を出た瞬間、ほかの住人にバッタリ……なんてことも。仕方のないことではありますが、いつものように話しかけられたら、ちょっとブルーな気持ちに。

恋人や友人を呼べない

大型だと外からのお客さんは推奨される傾向にありますが、小規模の場合、あまり門戸が開かれていません。そのために静かな時間を得られているものの、いい人がいても「今夜、うちくる?」と連れてこられないのはデメリットに違いありませんね。

などなどデメリットがあります。
これらをデメリットと感じるかどうかは個人の判断なところもありますが…

まとめ

  • 賃貸の場合引っ越し費用が30〜40万円強かかる
  • シェアハウスでは10〜15万円で収まる可能性が高い
  • シェアハウスはメリットも多いがデメリットも存在する

お伝えしてきたようにメリットもデメリットもありますが私はひとまずシェアハウスで様子を見るのもいいかと思います。はじめての上京ならなおさらです。

デメリットをメリットにされる方もいます。
ぜひご参考にされてみてください!

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。