仕事を辞めたい‼でも何がしたいか分からない…20代後半の悩み解決法4つ

20代後半になり、定職にも就いているけど、ずっとこのままでいいのかな・・・

今の仕事は元々やりたかったことではないし、かといってやりたいことが明確にあるわけでもない・・・

転職を繰り返しているため、次の転職先で最後にしたい・・・

こんな漠然としたお悩み、抱えていませんか??

悩める20代のうちに、自分の目標を定め動き出すこと。
新しい一歩を踏み出すのはとても勇気がいることですが、ここでやるかやらないかで、30〜40代になってからの差は歴然です。

20代のうちにやりたいことを見つけて、自分の能力を発揮し、楽しい毎日を送りたい!!

そんな願いを叶える、効果的な方法を紹介していきます♪

スポンサーリンク

やりたいことを見つける方法4ステップ

ここでは、メンタリストDaiGoさんが紹介していた、心理学的にも実証されている方法をご紹介します。

それは、心理対比という方法です。

これは、心理学者のガブリエル・エッティンゲンさんという方の研究で、
この方法を実践することで、「やりたいことがみつかる」とDaiGoさんも言っています。

心理対比とは、目標が達成できた最高の状況と、達成できなかった最悪の状況を同時に想定するという心理トレーニングです。

具体的に、次の4つのステップがあります。

①目標が達成したらどんなメリットがあるか?を考える

年収1000万円以上稼ぎたい‼
起業したい‼
バンドマンになりたい‼
大好きなお洋服関係の仕事に就きたい‼
動物と触れ合える仕事に就きたい‼

スケールの大きいものから具体的な職業など、内に秘めた目標や夢を、みなさん心のなかに持っているかと思います。

まずは、その目標が達成できたら、どんな良いことが起きるだろう?と、メリットを思い付くままに考えてみてください。

例1)年収が1000万超えたら?
好きなブランド物の服や靴がたくさん変える‼高級ワインが買える‼

例2)バンドマンになることができたら?
人気者になれる‼全国を飛び回れる‼

②メリットのなかで一番起きたら嬉しいことはなにか?を選ぶ

次に、①で挙げたメリットのなかで、
一番自分にとってメリットになることを選んでください。

そして、その事が実際に起きたらどういう気分になるかな~というところまで具体的にイメージしてみましょう。

③もし達成できなかったときはどんなことが起きるのか?を考える

①、②とバラ色の未来を想像してきたところですが、3つ目のステップでは、立てた夢や目標が達成できなかったとき、どんな最悪の事態が起きるのかを思い付くままに書き出してみましょう。

  • 貯蓄がなくなり、生活していけない状態になる
  • メンタルを崩してしまい、働けなくなる

④最悪な事態のなかでもっとも危険なものを選び、対処法を考える

③のステップで書き出したことのなかで、一番起きたら自分にとってマズイと思うことはなにかを選んでください。

そして、もしそのことが実際に起きてしまったらどう対処するのか?を考えましょう。

「何がしたいか分からない」現象の要因

「何がしたいか分からない」という方のなかには、幼いころに親からこうしなさい、ああしなさいと言われる環境で育った人が多いということがあります。

自分の興味・関心はあるのに、その思いを遮られてしまい、常に他人視点での人生を歩んでしまうことになり・・・

結局自分は何がしたいのかがわからなくなってきます。

若いころまではそれでも何とかやっていけるものですが、大人になってから、自分の判断軸をしっかり持って物事に対処していかなければならない20代になってくると、このような悩みを抱えている方も多いと言われています。

スポンサーリンク

悩んで当たり前

実は私も、大学生の頃に同じ悩みを抱えている時期がありました。

大学の専攻とはまったく違うデザイン関係の仕事に憧れたり、「ボランティアってかっこ良いな」と単純に考え青年海外協力隊に憧れたり、刑事モノのドラマを見ては警察官になりたいと思ったり・・・

はい。めちゃくちゃブレてました・・・(笑)

自分が何に向いているのかもわからず、はたまた、何でもできるような気がして興味の幅が無限大・・・

夢があるのはとても良いことですが、絞りきれない時期が続くと、一歩も進めないままですよね。

現在は営業職として働いていますが、もしかしたらこれが自分のやりたかったことなのかも?と思うことができています。

色々と迷い続けていた学生時代でしたが、結果的に自分が選んだ道が今のところは正解だったと思えているので、

どうしてもやりたいことが見つからないという方は、あれこれと難しく考えすぎずにトライ&エラーを繰り返しても良いのではないかと思います。

まとめ

20代後半の方に向けて、「何がしたいか分からない」というお悩みを解決するための方法を紹介していきました。
具体的な方法としては、次の4ステップでしたね。

  1. 目標が達成できたときのメリットを考える
  2. そのなかで一番起きてほしいことはなにかを選ぶ
  3. 目標が達成できなかったときに起こる最悪の事態を考える
  4. そのなかで一番起きてほしくないことを選び、対処法を考える

この方法を行うことで、目標に向かって具体的にどう行動していけば良いのか?が明確になっていき、目標を達成できる確率が格段に上がっていきます。

そして、そもそもやりたいことや夢が見つからないという方は、

トライ&エラーを繰り返してみることや、日々、自己観察をしてみることで、自分の心が踊る瞬間、輝ける瞬間をみつけ、それが実現できる仕事を見つけていくことも効果的だと思います。

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。