転職したいけど志望動機の書き方がわからない!!3つのコツで全て解決!例文付き

転職したい!でも志望動機って何書けば?!

「転職したい!でも、志望動機って何を書けば……」なんてお悩みの貴方!

実は志望動機は3つのコツさえ抑えれば誰でも好印象な志望動機が作れるんです!

ここではのコツをお伝えしちゃいます!

スポンサーリンク

志望動機に欠かせない3つのコツ

・「なぜ当社なのか?」

人事担当の方が一番重視しているのがココ。
数ある企業の中から「なぜ」当社を選んだのか?
これを具体的に書けると好印象なんだそうです!

それは何故か?

「なぜ当社なのか?」を具体的に書ける = 応募企業について十分知っている

と判断されるからなんです!
応募企業のことをよく知らないままでは具体的に説明出来ません。
前もって応募企業がどんな製品やサービスを扱っているのか等を
調べておきましょう!

・退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

退職理由と志望動機がバラバラだと人事担当の方に
不信感を抱かれてしまう可能性があります。

そこで退職理由と志望動機に一貫したストーリー性を持たせることで、
そういった可能性を回避できます!

また、それによって自分の将来を具体的に見据えていると
アピールをすることにも繋がります!

・経営理念・ビジョンに触れるなら具体的に!

応募企業の経営理念やビジョンに心惹かれたことを伝える場合は、
どこに共感したのか?それはなぜなのか?
説明出来るようにしておきましょう!

ただ理由もなくそれらに触れてしまうと
逆効果となってしまい、受動的であると受け取られてしまう可能性があります。

志望動機の例文をいくつかご紹介

(例1 エンジニア職の場合)

大学卒業後、新卒でIT企業に就職し、7年間勤務しました。
エンジニアとして顧客企業のネットワーク設計などを担当し、
部下4人のマネジメントを行うとともに、
スキルを共有するミーティングも定期的に開催していました。

業務効率化を追求する貴社であれば、チーム全体の生産性を上げつつ
自らのエンジニアスキルも伸ばせると考え、応募いたしました。

私自身とチームのスキルアップを並行して進め、
業務に貢献したいと考えております。

(例2未経験職を希望する場合)

私は、営業事務の社員として入社し、キャリアを積み重ねてまいりました。
自分が任された仕事を確実に、素早くこなすように心掛けてきた結果、
数年後にサブリーダーへ昇進。
きちんと評価してくださることが自分への自信につながりました。

その後、営業事務として一生懸命努めてきましたが、その中で自分自身も営業として第一線で働きたいという想いが芽生え、その思いは次第に強くなっていきました。

今回貴社の求人募集記事を拝見し、経験より営業職としての熱意を大切にする企業という記事に共感しました。営業事務としてサポートを続けてきた中で「こんな営業になりたい」というイメージは出来上がっております。ですから、あとは目標とする姿を目指してコツコツと努力をしていくだけです。

スポンサーリンク

転職によるメリット・デメリット

メリット

・新しい可能性を開くことができる

これが転職における最も大きなメリットだと言う人もいます。

新しい環境に身を置くことで本当にやりたいと考えていたことが出来たり、
自分が今まで積み上げてきた経験やスキルを活かして、
チャンスを掴むことが出来ます!

・自分に合った環境で働ける

ワークライフバランスという言葉があるように、
最近は働く時間も環境も人ぞれぞれです。

転職をすることで自分の希望にあった働き方をすることができます!

デメリット

・退職金が少なくなる

退職金は基本的に勤続年数によって決まります。
勤続年数が浅いとそのぶん貰える金額は少なくなりますし、
入社して1〜2年目の場合、貰えないケースもあります。

・社会的信用が落ちる

住宅ローン等の大きい買い物の予定がある場合は、
転職前に済ませておきましょう!
住宅ローンやクレジットの審査などに転職直後は通りにくくなります。

また、あまりにも転職を繰り返してしまうと信用の回復が難しくなって
しまうので注意しましょう。

私も5年勤めた職場を変えるときは緊張しましたが、
自分で思っていたより早く新しい環境に馴染むことが出来ました。

また、今までの経験を応用して新しいことに挑戦できる環境を
手に入れることができ、人との繋がりが倍以上に広がりました!

まとめ

これを読んでもし迷っているなら考えてみてください。
今の働き方に満足していますか?
上司のパワハラにうんざりしていませんか?
時間、環境、人間関係など色んな悩みがきっとあると思います。

もしも少しでも引っかかるものがあるなら転職という選択肢を
自分の中に増やしてみるのもアリだと私は思います!

今は100人いたら100通りの働き方があっていい時代です!

働くことに対しての個人の価値観の尊重を呼びかける声が上がっていて、
多くの企業が働き方の改善・改革を進めている今だからこそ、
自分にとって働きやすい環境を見つけるチャンスです!

あなたにとって理想的な仕事環境を手に入れましょう!

スポンサーリンク

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

 

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です