【必見】読めば人生が変わる‼自己啓発のための本ランキングベスト5 

「人生変えたい」
漠然とそんなふうに思っているあなた‼
そんなあなたにはまず、自分を磨くための読書がおすすめです

本を読んだら人生が変わるかも?!
でも、世の中には自己啓発のための本はたくさんありますよね。
どの本を読んだらいいでしょうか??

「本なんてしばらく読んだことない・・・」
「なんだかどれも難しそう」
そう思っちゃう人も多いのでは??

そんな人でも大丈夫‼
読書嫌いなわたしがおすすめする、読みやすい自己啓発のため本をランキング形式で紹介したいと思います。
これを読めばあなたの人生もきっと変わるはず‼

スポンサーリンク

ランキングベスト5

第5位 多眼思考~モノゴトの見方を変える300の言葉!~

トップレベルの社会派ブロガー『ちきりん』さんの本です。
内容としてはまさかの、自身のTwitterの人気投稿まとめ(笑)
だけど、Twitterか・・・と侮ってはいけません‼

″世界が変わるのを待つより、自分が変わったほうが早いですよ。″
″すごい人に会って憧れているようでは話にならない。悔しがらないと。″

こんな感じで、なんだか心に響く言葉ばかり。
この本を読むだけでも十分勉強になるし、人生について・自分自身について深く考えさせられるきっかけになると思います。

文章が本当に大っ嫌い(>_<)って人にも自信をもっておすすめできる一冊だよ‼

『多眼思考
~モノゴトの見方を変える300の言葉!~』 ちきりん

第4位 20代にしておきたい17のこと

″すべてを投げ出してもいいと思えるほどの、親友を持つ。″
″「好き」「嫌い」の感情を研ぎ澄まし、才能のかたちを知る″
などなど、17つの項目について書かれています。

これを知って日々意識するだけで、人生が充実します‼
「自分はどうだろう??」と自分自身を見つめ直すきっかけにもなりますよ。

(名前)
30代40代の人も今からでも遅くないからぜひ読んでほしい‼

『20代にしておきたい17のこと』 本田健

第3位 夢をかなえるゾウ

主人公は「人生を変えたい」と思いつつも、何も変えられないダメなサラリーマン。
そこに『ガネーシャ』というゾウの神様が突然現れます。
そして、ガネーシャが人生やビジネスで成功するための方法を教えてくれる、そんなお話。
続編も出ているベストセラーの本です‼

ストーリー仕立てになっているから面白いよ‼
1つのテーマで1話完結するから読みやすいし、気になるところだけ読むなんてのもOK‼

『夢をかなえるゾウ』 水野敬也

第2位 上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

主人公は、「いい暮らしがしたい」と成功を夢見て上京した青年、祐介。
夢と希望がいっぱいだった祐介ですが、みんなに流されて生きているうちに、夢も忘れ、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することに・・・。

そんな息子を思い、父が夢を実現するための五つの新常識と三つの方法を手紙で教えてくれます。
読んでいくと、成功者の考え方や生き方が分かります‼

ストーリーのある話だから読みやすい‼
特に後半部分がおすすめ‼
「ただ何となく生きているだけ」そんな日常が勿体なく感じちゃうはず‼

『上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え』喜多川 泰

第1位 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

『自己啓発の父』とも言われているアドラーの心理学をまとめた名言集です。
2017年にドラマ化された『嫌われる勇気』の元となるのが実はこのアドラー心理学です。

『嫌われる勇気』も素晴らしくいい本でなんですが、難しくて読みにくい・・・。
なので最初はこの本から挑戦してみるのがおすすめ‼
右ページに名言、左ページにその解説が分かりやすく書いてあります。

人生に迷ったとき、ちょっと背中を押してほしいとき、悩んでいるとき、そんなときに読んでほしい一冊です。
物事の捉え方が変わると生き方が変わります‼

難しい解説じゃなく、具体例も書いてあってとっても読みやすい‼
そのうえめっちゃくちゃタメになる内容。
堂々の1位です‼
ぜひ、読んでみてね♪

『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』 小倉広

そもそも自己啓発とは?

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。
「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。
(出典:Wikipedia)

つまり、自分自身の能力を開発したり、精神面で成長したりするための手段のことです。

不況な世の中ということもあり、自己啓発のための本はけっこう売れ筋です‼

しかし‼
残念ながら自己啓発本とうたっているもののなかには、胡散臭いものや新興宗教のようなものも混じっています。
レビューなどを見てしっかり見極めて、変なものに騙されないようにしてください。
スポンサーリンク

人生が変わった一冊は?~みんなのエピソード~

「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー

仕事やプライベートで今後どうしたいか、またそのためにどうすればいいのか悩んでいた時、この本のおかげで前に進めた。
自分が変わらなければ環境を変えることができないということを学び、行動力がついた。

「人生がときめく片づけの魔法」近藤麻理恵

ただ断捨離がしたくて軽い気持ちで読み始めたのですが、片付け法だけでなく考え方まで大きく変えさせられた1冊。
こんまりさんならではの考え方や片付け法で、読んでいるだけで片付けがしたくなり、自分の部屋やモノを大切にする気持ちがあふれてきます。そしてモノだけでなく、人間関係や仕事でも「こんまり流片づけ」を取り入れたくなります。
実際に読むまでピンとこなかったのですが、読んでみたら変わったので、興味があまりなくても1回読んでみてほしい。

「神さまとのおしゃべり」さとうみつろう

これを読んだら、人間関係も仕事も家庭も全部自分で解釈したいように解釈しているだけであって、すべては自分の責任だと気付き、人間関係や仕事も家庭も、ほとんど悩まなくなりました。
自分を正当化するために何かのせいにしたくて、責任転嫁して、ただ言い訳してるだけだった自分に気付きました。

「人生がうまくいく 『求めない』法則」植西聰。

営業の仕事をしていて、同期と比べてしまう日々に疲れた時、この本に出合いました。
比べたり、羨んだり、不公平を感じたり負の感情で日々の生活が楽しくない。
それもすべて私が評価されたいやよく見られたい、そんな求める気持ちがもたらしていたこと。
求めないことを心掛けることで、心が少し軽くなった気がします。

まとめ

あなたも読書がしてみたくなりましたか??
そう思ったら本屋さんや図書館にGO‼
もしくはネットで購入ボタンをポチり‼

あなたも本で人生を変えちゃいましょ‼
あなたにピッタリの運命の一冊が見つかりますように★

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です